ニュース
» 2007年02月28日 14時01分 UPDATE

“待たされた”新生AMDの統合型チップセット「AMD 690」登場

AMDは2月28日(日本時間)に新しいチップセット「AMD 690」シリーズを発表した。このチップセットを搭載したマザーボードは3月上旬から出荷される予定だ。

[ITmedia]
kn_amd690fig.jpg AMD 690の構成。ノースブリッジとサウスブリッジの2チップ構成でサウスブリッジにはATI SB600が組み合わされる

 AMDが発表したチップセット「AMD 690」シリーズはこれまでATI technologiesが出荷してきた「Radeon Xpress」チップセット系列の後継となる。今回発表されたのは「AMD 690G」「AMD 690V」の2機種でどちらもノースブリッジにグラフィックスコアを内蔵するAMD製CPU対応の統合型チップセットとなる。

 AMD 690Gはグラフィックスコアに「ATI Radeon X1250」を組み込んだメインストームクラスのチップセットで、AMD 690シリーズの上位モデルだ。映像出力のインタフェースとしてデュアルリンクのDVI-DのほかにHDMIをサポートする。チップセット内部にはHDCPエンジンとコンテンツ保護キーが内蔵されているため、HDCPへの対応も可能になっている。最大解像度は2560×1600ドット(HDMIからのデジタル出力で1920×1080ドット)。

 内蔵されているグラフィックスコア「Radeon X1250」は「RADEON X700にRadeon X1000の機能を組み込んだ」ものに相当するとされている。動画を高画質で再生するための機能を盛り込んだ「AVIVO」も実装されたため、「チップセットとしてははじめてAVIVOを採用した」(AMDの説明資料より)ということにもなる。

kn_amd690bnch.jpg AMDが示したATI Radeon X1250野ベンチマーク結果。いずれのテストでもGeForce 6100(MCP61)とIntel G965を上回っている

 グラフィックスコアはシェーダモデル2.0に対応。4本のパイプラインを組み込んでいる。AMDの示した資料では3DMark05、Half-Life2、FarCryのベンチマークで競合の統合型チップセット「Intel G965」「GeForce6100」(ワンチップタイプ)と比較した結果はいずれもAMD 690G搭載マザーがほかを上回っている(なお、このベンチマークテストは1024×768ドット、AAなし、Anosoなし(Aquamarkは4xAniso)の条件で行われている。システム構成はAMD 690GとGeForce 6100がAthlon 64 X2 5200+、DDR2 667MHz/2Gバイト、Intel G965がCore2 Duo E6400、DDR2 667MHz/2Gバイト)。

 AMD 690Vはバリュークラスのマザーボード向けチップセットである。「Radeon X1200」と呼ばれるノースブリッジに内蔵されるグラフィックスコアはHDMIインタフェースに対応しない。どちらのチップセットも外付けグラフィックスカード用のPCI Express X16を搭載できる。AMDはAMD 690チップセット搭載マザーでATIが提唱したマルチGPU技術「CrossFire」に対応する製品も登場する予定と説明している。

 AMD 690GもAMD 690VもサウスブリッジとしてATI SB600を組み合わせる。SB600がサポートするインタフェースはUSB 2.0×10、Serial ATA×4。PCIやParallel ATAにも対応する。Serial ATAは転送速度3Gビット/秒に対応したSerial ATA IIをサポートする。RAIDも0、1、0+1の構築が可能だ。

 AMD 690シリーズを搭載したマザーボードは3月上旬から出荷される予定だ。AMD 690の説明会では主要なマザーボードベンダーが製品を展示していた。

kn_amd690k9d.jpg MSIのK9AGM-FIDはAMD 690Gを搭載。MSI独自の自動アップデートツール「Live Update」はWebベースになって日本語版に対応する。Socket AM2を実装し65ナノプロセスのRev.Gにも対応するとMSIは説明している
kn_amd690k9dl.jpg 同じくMSIのK9AGM2-L。こちらはAMD 690Vを搭載している。K9GM2-LとK9GM2-FIHはHDMIインタフェースが用意されている(K9AGM-FIDはHDMIインタフェースを持たない)

kn_amd690ma69.jpg GIGA-BYTEのGA-MA69VM-S2。この型番はAMD 690Vを搭載したマザーで、AMD 690Gを搭載するGA-MA69G-S3も用意されている。出荷開始は3月上旬の予定だ
kn_amd690ki69.jpg AlbatronのKI690-AM2はAMD 690Gを搭載する。Socket AM2対応でHDMIインタフェースが用意されたMini-IXTフォームファクタという「TVサイドPC」の自作に適したマザーといえるだろう

kn_amd690elt.jpg ECSのAMD690GM-M2はAMD690Gを搭載する。説明によると、ECSとしてはDVIインタフェースを持つ初めてのマザーになるという。ただし、HDMIは搭載していない
kn_amd690asus.jpg ASUSのAMD 690G搭載マザー「M2A-VM/HDMI」はHDMIインタフェースを拡張カードの形で実装する。ASUSからはこの拡張カードを持たない廉価版の「M2A-VM」も用意している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.