ニュース
» 2007年02月28日 14時03分 UPDATE

アイ・オー、アス比固定/HDCP対応の19/22インチワイド液晶2モデル

アイ・オー・データ機器は、19インチワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD192XW」「LCD-AD192XB」、および22インチワイド液晶ディスプレイ「LCD-AD221XW」「LCD-AD221XB」を発表した。ともにHDCPに対応する。

[ITmedia]
photo LCD-AD192XW

 アイ・オー・データ機器は2月28日、19インチワイド液晶ディスプレイの「LCD-AD192XW」と「LCD-AD192XB」、22インチワイド液晶ディスプレイの「LCD-AD221XW」と「LCD-AD221XB」を発表、3月下旬より出荷する。双方とも2つのカラーバリエーションを用意し、製品名末尾「W」がホワイトモデル、「B」がブラックモデルとなる。価格はオープン、予想実売価格はLCD-AD192XW/Bが3万9800円前後、LCD-AD221XW/Bが4万9800円前後の見込み(双方税込み)。

photo LCD-AD221XB

 これらはいずれも非光沢のノングレアパネルを採用したワイド液晶ディスプレイだ。LCD-AD192XW/Bは1440×900ドット(WXGA+)表示のTNパネル、LCD-AD221XW/Bは1680×1050ドット(WSXGA+)表示のTNパネルを搭載する。ともに、画像の縦横比を崩さず拡大表示を行なう“アスペクト比固定拡大機能”を搭載しており、ワイド解像度以外についてもバランスを崩さずに表示できる。

 全モデルとも基本スペックは、輝度が300カンデラ/平方メートル、コントラスト比が800:1、応答速度が5ms。視野角は、LCD-AD192XW/Bが上下/左右とも170度、LCD-AD221XW/Bが上下170度、左右178度だ。

 インタフェースはアナログD-Sub×1、HDCP対応DVI-D×1の2系統を装備。Xbox 360をVGA HD AVケーブル経由でD-Subに接続した場合、正しいアスペクト比で表示できるほか、マイクロソフトの認定ロゴ「Certified for Windows Vista」を取得している。

 本体サイズおよび重量は、LCD-AD192XW/Bが439(幅)×193(奥行き)×355(高さ)ミリで約4.7キロ、LCD-AD221XW/Bが505(幅)×219(奥行き)×422(高さ)ミリで約6.2キロ。

※記事初出時、LCD-AD192XW/Bの輝度を330カンデラ/平方メートルと記載しておりましたが、300カンデラ/平方メートルの誤りです。また、LCD-AD221XW/Bは視野角が上下/左右とも178度のVAパネルを搭載すると記載しておりましたが、上下170度/左右178度のTNパネルの誤りです。お詫びして訂正させていただきます。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.