連載
» 2007年03月01日 19時36分 UPDATE

5分で分かった気になる、2月のアキバ事情:「Vista特需って……やっぱり、あったんですね」――久々の好景気に沸く2月のアキバ (1/4)

空回り気味との噂も流れるWindows Vistaだが、アキバのPCパーツショップは、Vista発売直後に売り上げが伸びたと口をそろえる。このほか、AMDが続々と新CPUを投入し、Core 2 Duoからのシェア奪回に燃えるなど、旧正月シーズンながら話題の絶えない月となった。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「Vista特需って……やっぱり、あったんですね」

og_akiba2_001.jpg 2月中は各ショップの目立つ場所にWindows Vistaのパッケージが見られた

 1月30日深夜のWindows Vista販売イベントは、メーカーやショップ側の期待をやや裏切る結果となってしまった。当初は深夜販売限定で売る予定だった「Windows Vista Ultimate α」も2月中旬まで店頭に並んでおり、新OSのスタートダッシュは成功したと言い難い。しかし、PCパーツショップの売り上げは1月30日を起点に、おおむね上向きに転じた様子だ。

 T-ZONE.PC DIY SHOPは「Vista登場から目に見えて売り上げが上がっています。Vistaの全容がつかめたことで、将来の乗り換えを考慮してパーツを買う人も増えているようです」と話す。また、高速電脳は「ウチのお客さんはOSと関係なくPCを構築する人が多いと思うけど、意外にVista登場以降は売り上げが伸びてるね」と、予想が外れて喜んでいるようだ。

 PCパーツベンダーもこの流れを後押しするように、Vista特有の機能に対応した新モデルを投入している。23日にはASUSTeKが「Vista Edition」を標榜するマザーボードを2モデルリリースした。上位の「P5B Premium Vista Edition」には、パソコンと同期したAVコンテンツなどを表示できる「Windows SideShow」対応のサブモニターを付属。そのほか、ReadyBoost用の512Mバイトメモリをオンボードするなど、Vistaに乗り換えたくなる新機能を多数盛り込んでいる。

 2月末の時点では、高価なためか、Vista Editionモデルの人気は今ひとつのようだが、「問い合わせは多数いただいているので、まもなくブレイクするでしょう」(TSUKUMO eX.)と、店員さんの表情も明るかった。

og_akiba2_002.jpgog_akiba2_003.jpgog_akiba2_004.jpg 512MバイトのUSBメモリと特製ガイドブックを同梱した「Windows Vista Ultimate α」。DSP版Ultimateとほぼ同価の2万5000円前後で売られていた(写真=左)。3万5000円前後で出回っているASUSTeK「P5B Premium Vista Edition」。Windows SideShow用モニタ「ScreenDUO」などが付属している(写真=中央/右)
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.