ニュース
» 2007年03月12日 12時00分 UPDATE

週末アキバPickUP!:「Vista特需は終わったっぽい」――CPU値下げの噂でブレーキか (1/4)

ギガバイトからn680iマザーが登場するもその数は僅少、マザー市場でASUSTeKの巨人化を浮き彫りにしている。一方、“Vista特需”はすでに終わったという噂も……。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

ギガバイトフリーク待望のn680iマザー登場も、ASUSの存在感が増すばかり

og_akiba0309_001.jpg ギガバイト「GA-N680SLI-DQ6」

 先週の木曜日、ギガバイト初のnForce 680i SLIマザー「GA-N680SLI-DQ6」が複数のショップに入荷した。扱う店舗は多いものの、在庫は僅少。

 GA-N680SLI-DQ6は、基板の表裏にヒートパイプを走らせる独自の冷却設計が特徴だ。PCI-Express x16スロットを3基備える(うち2本で32レーンのSLIを実現)ほか、4基のギガビットイーサ、8chサラウンド対応のサウンドチップ、IEEE1394端子などをオンボード搭載する。LGA775に対応しており、Core 2 Extreme Quad-Coreも搭載できる。

 4万5000円前後のマザーながら、多くのショップは順当な価格と考えているようだ。「ギガバイト製のマザーはSocket 370やSocket A時代から支持者がいるので、初回は確実に売れると思います」(パソコンショップ・アーク)と語る。逆に入荷数の少なさを嘆く声が多かった。あるショップは「今年に入って、ギガバイトの生産スピードが落ちているような感じ。特に初回はごくわずかしか入荷しない。せっかく人気があるのに、これじゃASUSの独走を許すばかりだね」と話す(ちなみにGIGA-BYTEは、マザーとグラフィックスカード部門を独立して新会社を設立しているが、これにはASUSTeKも資本参加している)。

 売れ筋のマザーボードベンダーを聞いて回ったところ、すべてのショップがASUSTeKを挙げた。フェイス秋葉原本店は「Intel系マザーなら、Intel純正とASUSTeKが互角のシェアを持っていますが、AMD系まで含めると断然ASUSTeKが強い。対抗馬になり得るギガバイトは最近リリースが遅く、MSIはAMD系マザーのシェアが増えないと厳しい状況でしょう。AOpenはボード類の生産に消極的になってきていますし……」と、ASUSTeKの独走状態を説明した。

 実際、最も早く登場したn680iマザーはASUSTeKの「Striker Extreme」で、昨年末から出回っている。発売当初は品薄だったものの、現在はどのショップでも手に入る状況だ。また、Windows Vistaの“Windows SideShow”に対応したビューアを付属する製品を投入しているのも今のところASUSTeKだけで、追随するベンダーの噂は上がってこない。

 某ショップは「1社が独走態勢を作ると、業界は盛り上がらない。対抗馬の登場に期待しているんだけど……。現状では、ASUSTeKの巨人化を止める術はないのかな」と語る。

og_akiba0309_002.jpgog_akiba0309_003.jpgog_akiba0309_004.jpg 昨年12月中旬から出回っている初のn680iマザー、ASUSTeK「Striker Extreme」(写真=左)。Windows SideShow用の「ScreenDUO」を付属するASUSTeK「P5B Premium Vista Edition」。2月中旬から出回っており、品薄なため、現在は入手困難な状態(写真=中央/右)
製品名:ギガバイト「GA-N680SLI-DQ6
入荷ショップ
クレバリー1号店4万4073円
T-ZONE.PC DIY SHOP4万4680円
フェイス秋葉原本店4万4770円
ツートップ秋葉原本店4万4780円
高速電脳4万4800円
TSUKUMO eX.4万4800円
BLESS秋葉原本店4万4800円
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.