ニュース
» 2007年03月21日 14時29分 UPDATE

“Appleショップ”がオープン――夜明け前から行列も

ビックカメラ有楽町店のMac売り場「Mac Shop」がリニューアルし、“Appleショップ”として生まれ変わった。先着500名のオリジナルTシャツなどを求めて、開店直前は長蛇の列。

[後藤治,ITmedia]
og_bic_001.jpg

 3月21日、ビックカメラ有楽町店本館5階のMacコーナー「Mac Shop」がリニューアルし、「新しいAppleのShop」としてオープンした。これを記念して「アップルオリジナルTシャツ」が先着500名(+α)に配られたほか、Mac本体の購入者を対象に32インチ液晶TV(AQUOS)が当たる抽選会も行われた。なお、今回のリニューアルにともない、Mac Shopの名が通称“Appleショップ”に変更されている(正式な名称ではないとのこと)。

 今回のリニューアルでは、従来のMacを使ったユーザー体験に加え、売り場中央奥に新設した専用のカウンターと大型ディスプレイで、専門の担当者が1日に4回〜6回、写真、ブログ、ムービー、音楽などに活用するデモを行い、総合的なコンサルティングを提供する。さらに「社内試験や毎週実施される勉強会をクリアした精鋭」(同社)のセールスコンサルタントを5人に増強、アップル側からも2人の担当者が常駐するという。売り場全体の雰囲気もApple Store(アップル直営店)を思わせるデザインに変わっている。

og_bic_002.jpgog_bic_003.jpgog_bic_004.jpg 売り場の中央奥にカウンターを新設。購入相談やさまざまな用途提案のデモが行われる。カウンターや椅子を見るとApple Storeの「GENIUS BAR」にそっくりだが、まったく同一のモノではないとのこと

 昨年9月のMac Shop開設から、Mac関連製品の売り上げは150%に伸びたという。ビックカメラ有楽町店 店長 石川勝芳氏は「Shop in Shopとしての展開は成功。今回Appleショップにリニューアルし、さらに2倍に伸ばしたい」と期待を寄せる。また、今年中に他店舗への進出も図る考えだ。

 なお、開店前のビックカメラ有楽町店前には、記念のTシャツや先着50名で販売される特価のMacBook Pro、抽選で当たる大型液晶TVなどを求めて長蛇の列ができていた。

og_bic_005.jpgog_bic_006.jpgog_bic_007.jpg 先頭の人は午前4時に到着したという。始発にあわせて人が並び始め、開店直前は数百人の列ができていた(写真=左)。先着500名に配られたTシャツにはCMでおなじみの“Hello,I'm a Mac”(写真=中央)。50台限定のMacBook Proを48番めに購入した方が、景品の大型液晶TVを見事ゲット。おめでとうございます(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-