ニュース
» 2007年04月17日 23時00分 UPDATE

「LANDISK Home」の中身を覗いてみた

アイ・オー・データ機器の新製品「LANDISK Home」は、小さなボディと手頃な価格が魅力のテラバイト級NASだ。さて、基板は……と。

[後藤治,ITmedia]
og_landisk_001.jpg

 アイ・オー・データ機器は4月17日、家庭向けNAS製品「LANDISK Home HDL4-G」シリーズを発表した。HDD容量別に2モデルが用意されており、実売予想価格は、1Tバイトの「HDL4-G1.0」が7万円前後、2Tバイトの「HDL4-G2.0」が12万8000円前後。ともに4月末から出荷される予定だ。

 LANDISK Homeは、3.5インチHDDを4台内蔵するLAN接続型HDD。同社のNASには、家庭向けのシングルドライブモデル「HDL-F」シリーズから、法人向けの「HDLM-GWIN」シリーズまで、複数のモデルがラインアップされているが、このLANDISK Homeは、RAID機能を備えた家庭向けの高機能モデルとして投入される。

og_landisk_002.jpg 同社のLAN接続型HDDラインアップ(写真=左)

 LANDISK Homeの特徴は、法人向けの色合いが強かった「HDL-GT」や「HDL-GTR」から、(家庭には)オーバースペックな部分を省き低価格化を図ったうえで、ホームユースに特化したコンテンツサーバー機能を実装した点だ。

 例えば、LANDISK Homeに搭載されるRAID機能はRAID 5(パリティ付きストライピング)だけで、RAID 1(ミラーリング)には対応しない。また、独自のカートリッジシステム「Relational HD」を採用しておらず、ホットスワップにも非対応となっている。効率の悪いミラーリングや、システムを停止せずにHDD交換を行うホットスワップなどは、一般家庭での運用においてはそれほど利用されないという判断なのだろう(なお、4台のHDDを1台の仮想HDDとして扱うスパニングモードは残されている)。

 その一方で、ホームサーバー用途向けには、DLNAやデジカメコピーなどに加えて、新たにiTunesServer機能が加わった。また、各種設定や操作性が見直され、LANDISK Home内に保存した動画や音楽、画像の各コンテンツを、より簡単にネットワーク上の対応機器から再生できるようになった。

og_landisk_003.jpgog_landisk_004.jpgog_landisk_005.jpg マルチメディアサーバーとしての活用法を、細野昭雄社長みずからデモンストレーション。ハイビジョン液晶TV「REGZA Z2000」で録画予約したハイビジョン映像の保存先にLANDISK Homeを設定したり(写真=左)、Mac miniのiTunesからLANDISK Home内の楽曲を再生したり(写真=中央)、LANDISK Home前面からデジカメの写真データを転送してみせた(写真=右)

比較表
型番 HDL4-G1.0 HDL-GT1.0 HDL-GTR1.0
容量 1.0Tバイト 1.0Tバイト 1.0Tバイト
暗号化ボリューム機能 × ×
RAID5 データ保護
RAID1 ミラーリング ×
DLNA対応 ×
iTunesServer機能 × ×
デジカメコピー機能
ホットスワップ ×
プリントサーバー ×
FTPサーバー ×
Jumbo Frame
サイズ(W×D×H) 121×126.5×195ミリ 170×230×183ミリ 170×230×183ミリ

非常にコンパクトなボディ――を分解

 新しい筐体にも注目したい。従来のテラバイト級モデルからガラリとイメージを変えた白いボディはもちろん、本体サイズも121(幅)×126.5(奥行き)×195(高さ)ミリと、非常にコンパクトだ。実際、HDL-GTや他社製品と並べてみると圧倒的な差があり、体積はHDL-GTのほぼ半分になっている。もっとも、その分内部スペースは狭く、縦方向に収納された4台のHDDは、3ミリ厚のアルミボディ内にかなり狭い間隔で詰め込まれている。せっかくなので基板まで覗いてみた。

og_landisk_006.jpgog_landisk_007.jpgog_landisk_008.jpg 中央がLANDISK Homeで、左がB社製NAS、右がHDL-GT(写真=左)。写真は手前から、B社製NAS、LANDISK Home、HDL-GT(写真=中央)。330ミリリットルのペットボトルと比較(写真=右)
og_landisk_009.jpgog_landisk_010.jpgog_landisk_011.jpgog_landisk_012.jpg 写真は左から本体前面/背面/左側面/右側面。前面のスイッチをスライドさせるとUSB 2.0端子がある。エアフローは、底部に空いたスリットから入り、背面上部から抜ける構造
og_landisk_013.jpgog_landisk_014.jpgog_landisk_015.jpg ドライバーなどを使わずに内蔵HDDの交換が行えるのも特徴(コイン使用)。HDDは縦方向に4台並んでいる。OSがLinuxベースのため、最大HDD容量は現状2Tバイトの壁があるが、今後のファームアップにより、1TバイトHDD×4にも対応していくという(写真=左)。上部に搭載された3センチ大のブロアーファンは、内部温度に合わせて3段階で回転制御されている(写真=左)。アルミシャーシは抜き型の一体成型だ。ちなみにボディの表面加工は、初代試作機ではヘアラインだったが、現在のシンプルな仕上げに落ち着いた(写真=右)
og_landisk_016.jpgog_landisk_017.jpg 本体底部にある基板は2枚構造になっており、上側の基板にはSerial ATAコネクタが並ぶ。ケースにHDDを入れると直接差し込まれる(写真=左)。下側がメイン基板。CPUはMarvell製(88F5182-A2)でチップ構成はHDL-GTとほぼ同じ(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.