ニュース
» 2007年06月04日 16時50分 UPDATE

東芝、世界初のノートPC向け薄型HD DVD-RWドライブを発表

東芝は、ノートPC用となる薄型HD DVD-RWドライブ「SD-L912A」を発表した。7月よりサンプル出荷が行われる。

[ITmedia]
photo SD-L912A

 東芝は6月4日、ノートPC用となる薄型HD DVD-RWドライブ「SD-L912A」を発表、7月よりサンプル出荷を開始する。

 SD-L912Aは、ノートPC用では世界初となる薄型HD DVD-RWドライブで、1層/2層HD DVD-R/RW記録をサポートする。おもな対応メディアと記録速度は、2層HD DVD-R 1倍速書き込み、1層HD DVD-R 2倍速書き込み、1層/2層HD DVD-RW 1倍速書き換え、および2層DVD+R 2.4倍速書き込み、2層DVD-R 2倍速書き込み、1層DVD±R 4倍速書き込み、DVD±RW 4倍速書き換え、DVD-RAM 3倍速書き換えに対応している。

 接続インタフェースはATAPIで、バッファ容量は8Mバイト。本体サイズは128(幅)×126(奥行き)×12.7(高さ)ミリ、重量は170グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.