レビュー
» 2007年06月12日 12時30分 UPDATE

速報フォトレビュー:「UMPCといえどフルスペック」──LOOX Uの外回りをチェックする

以前、ITmediaで紹介したように富士通のノートPC開発コンセプトは「妥協ないモバイル」である。この思想はUMPCでも変わらない。“すべての機能を持ち出せる”LOOX Uの姿を紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

 富士通のFMV-BIBLO LOOX U50WN(LOOX U)は、すでにこちらこちらの別記事で紹介されているように、大手国内PCメーカーがUMPCとして初めて市場に投入する製品(発表自体は同じ富士通の企業向け「FMV-U8240」が先。また、製品展示は北京で行われたIDF Spring 2007が最初になる)だ。LOOX Uは、そのIDF Spring 2007でインテルが提唱した「Intel Ultra Mobile Platform 2007」を採用したPCとしても注目される。

 内部に実装されたCPUのA110(開発コード名:Stealey)、チップセットのIntel 945GU Express(開発コード名:Little River)、サウスブリッジのICH7Uの姿については、こちらのリポートを参照していただくとして、この記事では、富士通が「UMPCといえどフルスペックのノートPCとしての仕様に妥協しない」と述べる、LOOX Uの外観と本体に用意されたインタフェースを中心に紹介する。

kn_loxuzen1.jpgkn_loxuzen2.jpg 両手で持って親指でタイプしているLOOX U。UMPCという言葉からはこういう姿をイメージしやすいが、製品を説明してくれた富士通のスタッフによると「テーブルにおいてキータッチするのも使いやすい」とのことだった。キーピッチは14ミリ、ストロークは1.3ミリという仕様は初期のLOOX Sよりも余裕のある値だという

kn_loxumae.jpg 正面にはドッキングステーション用の接続コネクタが用意されている
kn_loxubach.jpg 背面はバッテリーパックで占められる

kn_loxuleft.jpg 左側面には無線LANオンオフスイッチ、SDメモリーカードスロット、音量調整/ミュート設定ジョグダイヤル、マイク、ヘッドフォン端子が設けられる
kn_loxumigi.jpg 右側面にはコンパクトフラッシュカードスロット、電源スイッチ、USB 2.0(×1)が用意される。電源スイッチとUSBコネクタのカバー、無線LANスイッチの形状が筐体デザインにあわせてあるのに注意

kn_loxudisp.jpg 液晶ディスプレイのサイズは5.6インチワイドで解像度は1024×600ドット。感圧式のタッチパネルを組み込んでタッチオペレーションに対応。パネル表面には光沢処理が施されている
kn_loxupotri2.jpg 同梱されているポートリプリケータに本体をセットすると、スレート状態で操作できるほか、このような「立ち姿」でも使えるようになっている。

kn_loxupotri3.jpg ポートリプリケータのインタフェースは右側面にUSB 2.0が1つ、背面にUSB 2.0が3つにVGA、LAN(100BASE-TX/10BASE-T)、電源コネクタが用意される。背面にあるU字型の金具は画像の状態から伸ばすことで、本体を取り付けてキーボードを打鍵しても後ろに倒れないように配慮されている
kn_loxupotri4.jpg LOOX Uにはスタンドタイプ以外に携帯しやすい小型のポートリプリケータ(俗にいう“ブタのしっぽ”)も用意されている。LANとVGAのコネクタが用意され、出先で無線LANが使えないときのネットワークアクセスや、プレゼンテーションでプロジェクタに出力するときに重宝する

kn_loxuslte.jpgkn_loxustirs.jpg 液晶ディスプレイを裏返してスレートPCとして使うことも可能。液晶ディスプレイの表示は回転できるため、縦表示やポインティングデバイスを下側に置いたスタイルも可能(画像ではポインティングデバイスが上側になっている)。LOOX Uには液晶ディスプレイの右上側にスタイラスが内蔵されている

kn_loxuura.jpgkn_loxuhdd.jpg 筐体裏面からHDDとmini PCIスロットにアクセスできる。LOOX Uには2つのmini PCIスロットが用意されており、標準状態で無線LANモジュールが組み込まれている。データストレージは1.8インチ厚の30GバイトHDDで、カスタムメイドでMicrosoft Office Personal 2007を選択する場合は40Gバイトを搭載することになる。富士通ではLOOX UにおいてSSDの採用は当面のところないと説明している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.