ニュース
» 2007年06月29日 10時41分 UPDATE

重ね合わせて機能拡張できる“重箱”風PC「SA800」発売――minipc.jp

ミニピーシードットジェイピーは、Core 2 Duo搭載対応の省スペースデスクトップ「SA800」を発売する。専用の拡張ユニット増設に対応、本体上にユニットを重ねるように拡張を行える。

[ITmedia]
photo SA800シリーズ ベースユニット部

 ミニピーシードットジェイピーは6月29日、Core 2 Duo搭載対応の省スペース型デスクトップPC「SA800」シリーズを発表、7月上旬より発売する。BTOカスタマイズに対応、価格はオープン。同社直販価格はCeleron M搭載モデル「SA843-M10H40」が6万9800円から、Core 2 Duo搭載モデル「SA855-M10H40」が8万9800円から(双方税込み/OSレス構成)。

 SA800シリーズは、2.5インチHDDを内蔵する最小構成のデスクトップPC“ベースユニット”を核とするモデルで、拡張ユニットの増設により3.5インチHDDや光学ドライブを任意に追加できるのが特徴だ。そのほかLANポートの増設や無線LAN機能、eSATAポートの増設などもオプションで追加可能としている。

 ベースユニット部は、マザーボードにIntel 945GTチップセット搭載製品を採用しCeleron M/Core Solo/Core Duo/Core 2 Duoの搭載に対応する。メモリはDDR2メモリを最大2Gバイト装備可能。HDDは2.5インチSerial ATA HDD 1基を内蔵できる。

photophotophoto ベースユニットの上側に重ねるようにして複数段のユニット増設を行うことができる

 本体サイズは198(幅)×198(奥行き)×82(高さ)ミリ、重量は約1.6キロ(ベアモデルの「SA800-M0」の場合)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう