レビュー
» 2007年07月06日 16時43分 UPDATE

「使いやすい」を継承したスリムタワー──写真で見る「Inspiron 530s」「Inspiron 531s」 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 筐体が同じInspiron 530sInspiron 531sだが、その対応するプラットフォームに合わせて内部の構成は異なっている。むしろ、インテルプラットフォームに対応するInspiron 530sはミニタワーのInspiron 530と、AMDプラットフォームに対応するInspiron 531sInspiron 531と、それぞれ内部構成は共通する。

 Inspiron 530sに搭載されるマザーボードはInspiron 530と同じ、FOXCONNの「G33M02」だ。チップセットが統合型のIntel G33で、メモリスロットが4基、PCI Express x16が1つ、同x1が1つ、PCIスロットが2つ、Serial ATAコネクタが4つと、マザーボード仕様はInspron 530紹介したとおりとなる。バックパネルにパラレルポートとシリアルポート、PS/2がないのも同様だ。BTOで選択できるメモリの構成も「DDR2/512Mバイト」(512Mバイト×1)、「DDR2/1Gバイト」(512Mバイト×2)、「DDR2/2Gバイト」(1Gバイト×2)、「DDR2/2Gバイト」(512Mバイト×4) 、「DDR2/4Gバイト」(1Gバイト×4)と、Inspiron 530と同じであるが、スリムタワーPCということで、CPUとグラフィックスカードで用意されている選択肢が異なっている。

 Inspiron 530sで選択できるCPUは「Core 2 Duo E6320」「Core 2 Duo E4300」「Pentium Dual-Core E2140」「Celeron 420」と、Insprion 530で選べたCore 2 Duo E6600がなくなった代わりに、バリュークラスとしてコアマイクロアーキテクチャを採用したシングルコアCPUの「Celeron 420」が選べるようになっている。

 グラフィックス機能はIntel G33に組み込まれたIntel GMA 3100を利用するほか、外付けのグラフィックスカードが選択できるが、ロープロファイルサイズに限られ、GPUの種類も「Radeon X1300 Pro」(ビデオメモリは256Mバイト搭載)と「Radeon X1300」(ビデオメモリは128Mバイト搭載)だけとなる。また、マルチメディア関連の機能でも、チューナーカードのAMD(ATI)の「TV Wonder Elite」は選べるもののInspiron 530で選択できた「Sound Blaster X-Fi Xtreme Music」は用意されない。

 AMDプラットフォームに対応するInspiron 531sに搭載されるマザーボードもミニタワーのInspiron 531と同じ、ASUSのGeForce 6100+nForce430マザー「M2N61」だ。そのため、基板に用意されているメモリスロットと拡張スロットもDDR2対応メモリスロットが4基にPCI Express x16が1つ、同x1が1つ、PCIスロットが2つ、Serial ATAが4つと、Inspiron 531のみならず、Inspiron 530同 530sとも同様となっている。シリアル、パラレル、PS/2がバックパネルからなくなっているのも同じだ。

 Inspiron 531sのBTOで用意されるCPUは、「Sempron 3600+」「Athlon 64 X2 3600+」「Athlon 64 X2 4400+」となっていて、ミニタワーと比べるとハイエンドCPUがなくなっている。メモリで選択できる構成が、「DDR2/512Mバイト」(512Mバイト×1)、「DDR2/1Gバイト」(512Mバイト×2)、「DDR2/2Gバイト」(1Gバイト×2)、「DDR2/2Gバイト」(512Mバイト×4) 、「DDR2/4Gバイト」(1Gバイト×4)であるのは、ほかの“デスクトップ”Inspironと同様である。

 グラフィックスカードで用意されている選択肢は、Inspiron 530sと同じようにロープロファイルしか組み込めない事情から外付けグラフィックスカードは「Radeon X1300 Pro」(ビデオメモリは256Mバイト搭載)と「Radeon X1300」(ビデオメモリは128Mバイト搭載)に限られる。マルチメディア関連の選択肢も同様に、チューナーカードのAMD(ATI)の「TV Wonder Elite」は選べるものの、「Sound Blaster X-Fi Xtreme Music」は用意されない。

kn_ind530smb.jpg 「530s」に採用されているマザーボード“も”FOXCONN製Intel G33搭載の「G33M」
kn_ind531smb.jpg 「531s」で採用されるマザーボード“も”ASUSのGeForce 6100+nForce 430搭載「M2N61」だ

kn_ind530scard.jpg “スリムタワー”Inspironに組み込める拡張カードはロープロファイルに限られる。左はチューナーカード「TV Wonder Elite」で右は「Radeon X1300」
kn_ind531scable.jpg Radeon X1300の画像出力は分岐ケーブル専用の規格になっていて、製品にはこのようなDVI、VGAそれぞれの分岐ケーブルが用意されている

 Inspiron 530sInspiron 531sもCPUとグラフィックスカード以外の構成は共通だ。光学ドライブは「16倍速DVD-ROM」「16倍速 DVD±RW」が選べるが、“ミニタワー”Inspironと異なりデュアルドライブ構成はできない。しかし、シャドウベイを2つ持つおかげで、HDDはSerial ATA 3.0Gb/s NCQ対応ドライブが「80Gバイト」「160Gバイト」「250Gバイト」「320Gバイト」「500Gバイト」が用意されるほか、同容量HDD2台でRAID 1を構成できるなど、ミドルタワー並みの拡張性を可能にしている。

kn_ind530sexpri.jpgkn_ind531sexpri.jpg Windowsエクスペリエンスインデックスを評価機で測定する。左が「530s」で右が「531s」の結果。ただし、評価機にはそれぞれ「Core 2 Duo E6420」「Athlon 64 X2 5600+」という製品では選択できないCPUが搭載されていたので、これらの値はあくまで参考値として見てほしい

関連キーワード

AMD | ASUS | Athlon | Core 2 Duo | Dell | GeForce | Intel | マイケル・デル | Radeon


前のページへ 1|2       

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-