ニュース
» 2007年07月23日 12時50分 公開

NEC、5.6GHz帯対応の11a/b/g無線LANルータなど5製品

日本電気とNECアクセステクニカは、2007年1月に改正された5.6GHz帯(通称「W56」)に対応する無線LANルータ2製品など計5製品を発表した。

[ITmedia]
photo AtermWR7870Sイーサネットコンバータセット(WR7870S+WL54SE2)

 日本電気およびNECアクセステクニカは7月23日5.6GHz帯に対応するIEEE802.11a/b/g対応無線LANルータ2製品「AtermWR7870S」、「AtermWR6670S」および無線LANアダプタ3製品「AtermWL54SC2」(CardBus接続モデル)、「AtermWL54SU2」(USBスティック型モデル)、「AtermWL54SE2」(イーサネットコンバータモデル)を発表、8月末より出荷を開始する。価格はいずれもオープンで、無線LANルータと無線LANアダプタを組み合わせたセットモデル6製品もあわせて提供される。

 新たに発表となった5製品は、いずれも2007年1月の電波法関係法令改正により利用可能となった5.6GHz帯(通称「W56」)に対応するIEEE802.11a/b/g対応の無線LAN機器で、利用可能な無線チャンネルが従来の8チャンネルから19チャンネルに増加したことにより、より安定したLAN環境を実現可能としているのが特徴だ。

 また従来の2.4GHz帯にも対応しており、本体起動時に2.4GHz帯と5GHz帯をサーチして電波の影響を受けにくいチャンネルを自動選択する「オートチャネルセレクト」機能を備えている。

 無線LAN設定機能として、同社製機器で採用しているワンボタン設定機能「らくらく無線スタート」を利用可能。無線LAN高速化技術「Super AG」および長距離化技術の「XR」も装備している。

関連キーワード

NEC(日本電気) | ルータ | 無線LAN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう