ニュース
» 2007年09月12日 15時18分 UPDATE

バッファロー、HDCP対応の光沢20.1インチワイド液晶「FTD-W2025HSR」

バッファローは、WSXGA+表示対応の光沢20.1インチワイド液晶ディスプレイ「FTD-W2025HSR」を発表した。

[ITmedia]
photo FTD-W2025HSR

 バッファローは9月12日、WSXGA+表示対応の光沢20.1インチワイド液晶ディスプレイ「FTD-W2025HSR」を発表、10月上旬より出荷する。価格はオープン。

 FTD-W2025HSRは、1680×1050ドット(WSXGA+)表示に対応する20.1インチワイド液晶ディスプレイで、入力インタフェースとしてHDCP対応のDVI-D×1、アナログD-Sub×1の2系統を装備した。表示スペックは、応答速度5ms、輝度300カンデラ/平方メートル、コントラスト比1000:1。表示機能として、4:3比の映像ソースを正しい比率で拡大表示する、アスペクト比固定拡大機能を備えている。

 本体背面部に出力1ワット×2のステレオスピーカーを装備。本体サイズは473(幅)×215(奥行き)×398(高さ)ミリ、重量は約5.4キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.