ニュース
» 2007年09月18日 12時00分 UPDATE

パイオニアと三菱化学、有機色素記録膜を採用したBD-Rの実用化に成功――低価格化に活路

パイオニアと三菱化学メディアは、記録膜に有機色素を用いたBD-Rメディアの実用化に成功したと発表した。従来設備の一部改修により製造ラインの転用が可能で、ディスク低価格化の可能性があるとしている。

[ITmedia]
photo 有機色素記録膜採用BD-Rの試作品

 パイオニアと三菱化学メディアは9月18日、記録膜に有機色素を用いたBD-Rメディアの実用化に成功したと発表した。

 両社は、2004年より色素系ブルーレイ追記型ディスクの共同開発を進めていたが、このほど有機色素記録材料の改良と新たなディスク構造の設計により、2倍速記録対応の有機色素系BD-Rの開発に成功した。規格化については、今春に有機色素系BD-R対応の記録方式が、Blu-ray Disc Recordable Format Ver.1.2に採用済みとなっている。

 有機色素膜を用いたディスクは、CD-R/DVD-Rなどの塗布型製造設備をの一部改造するだけでブルーレイディスク製造ラインへの転用が可能なのが特徴で、大規模な設備投資を必要としないためディスク低価格化の可能性があるとしている。

 また両社は、金属窒化物を用いた高パフォーマンスタイプのBD-R開発に成功したことも発表した。この記録膜の技術を採用することにより、多層/高倍速記録を実現することができる。

 上記開発成果については、10月2日より幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2007」のパイオニアブース、およびBDA(Blu-ray Disc Association)ブースで展示される予定だ。

関連キーワード

パイオニア | Blu-ray | CEATEC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.