ニュース
» 2007年09月25日 12時23分 UPDATE

MS、バックライト機能付きのBluetoothワイヤレスキーボードなど3製品を発売

マイクロソフトは、リビング利用向き機能を備えるBluetoothワイヤレスキーボードセット「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 8000」およびWebカメラ2製品の計3製品を発表した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは9月25日、Bluetoothワイヤレスキーボードセット「Microsoft Wireless Entertainment Desktop 8000」(以下Entertainment Desktop 8000)およびWebカメラ2製品「Microsoft LifeCam VX-7000」「同 NX-3000」(VX-7000/NX-3000)以下の計3製品を発表、10月12日より発売する。価格はEntertainment Desktop 8000が3万6000円、VX-7000が1万1000円、NX-3000が5600円。

photophotophoto Entertainment Desktop 8000(写真=左)、充電器にセットした状態(写真=中央と右)

 Entertainment Desktop 8000は、無線方式として2.4GHz帯Bluetooth接続に対応するワイヤレスキーボードセットで、Bluetooth対応のワイヤレスキーボード/マウスとUSB接続対応のBluetoothレシーバー、および専用充電器が同梱となる。バッテリは充電式単3電池をキーボードに4本、マウスに1本内蔵しており、専用充電器に設置することで充電を行える。また充電器は4ポートUSBハブも装備しており、各種USB機器を手元で接続することが可能だ。

 キーボード配列は、エルゴノミクス設計によるゆるやかなカーブを描いた配列で、テンキーレスのコンパクト配置を採用。メインキーの左側には各種メディアコントロールキーを装備したほか、さらに本体左右の端にマウスポインタ操作キーも備えており、キーボードだけでPC操作を行える。Vista連動のショートカットキーも搭載、ガジェトをワンボタンで起動できる。

 同梱のマウスは左右対称デザインを採用する5ボタンマウス。ボタンは任意のカスタマイズが可能で、「戻る」「閉じる」「拡大鏡」「インスタントビューア」など、頻繁に用いる機能を割り当てられる。対応OSはWindows XP(SP2)/Vista。


photo VX-7000

 VX-7000およびNX-3000は、ともにUSB接続に対応するWebカメラで、メッセンジャー向けのカスタマイズ機能を搭載しているのが特徴。本体上部に機能ボタン「Windows Live Call ボタン」を装備しており、これを押すだけで友達リスト内のオンラインユーザー確認と通話の開始をすぐに行える。また、チルトやパンなどの操作をPC側から手軽に行えるソフト「LifeCam ダッシュ ボード」を用意したほか、Windows Live メッセンジャーユーザー向けの画像共有/交換機能などにも対応した。

photo VX-3000

 動画解像度はVX-7000が200万画素、NX-3000が39万画素。静止画解像度はVX-7000が760万画素、NX-3000が130万画素となる。双方ともノイズキャンセリング機能付きのマイクを内蔵するほか、VX-7000はさらに5倍デジタルズーム機能を装備した。NX-3000はノートPC/液晶ディスプレイ設置専用、VX-7000はディスプレイ設置と机上の設置に対応している。対応OSはWindows XP(SP2)/Vista。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.