ニュース
» 2007年09月28日 22時00分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUP!:「Windows Home Server」の深夜販売に、人は集まるのか? (1/4)

家庭向けサーバOS「Windows Home Server」が29日0時から販売される。不参加のショップからは「まさかやるとは……」と囁かれる状況だが、参加店舗はノリノリで準備を進めている。果たして人は集まるのだろうか?

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「どうしてそんなに頑張るの?」と、素朴な疑問が飛び交う今回の深夜販売

og_akibar_001.jpg JR秋葉原駅 電気街口付近に掲げられたWindows Home Serverの巨大広告

 9月29日(土)0時から、マイクロソフトの家庭向けサーバ「Windows Home Server 英語版」の発売が解禁となる。PCパーツショップや秋葉原駅前などに、大々的な広告が掲げられ、いくつかのショップは深夜販売を決行すると、事前告知していた。

 Windows Home Serverは、Windows Server 2003 R2をベースに、インタフェースを一新したサーバOSだ。サーバの複雑で高度な管理機能を抑え、分かりやすさを追究しているのが特徴で、ストレージ管理やファイル共有機能、リモートアクセスなどに機能を絞っており、家のリビングで複数のPCや情報家電を結ぶ用途をメインに想定している。

 今回単品に近いかたちで購入できるのは、DSP版のWindows Home Server。各ショップはHDDやFDDとのセット販売を予定している。価格はFDDとのセットで2万5000円前後だ。

 2号店で深夜販売を行うクレバリーの店員さんは「Windows Vistaよりもハードウェアに求める最小スペックが低いので、押入れに入れるしかなかった旧マシンを利用するにはもってこいです。いままでにないターゲット層に向けられた製品なので、どれだけ受け入れられるかは不透明ですが、期待はしています」と話す。

 そのほか、ドスパラ秋葉原本店やツートップ秋葉原本店、TSUKUMO eX.など、深夜販売を予定しているショップは、新しいOSに好意的だ。ただ、「深夜販売でたくさんの人が来てもらえると思います……100人くらい」(TSUKUMO eX.)と、いつになく控えめなコメントが多かった。

 全体的には土曜日の通常営業時間から発売するショップのほうが多く、深夜販売組に対して「なんでまた決行しようなんて思ったんですかね?」という意見が方々から聞かれた。あるショップは「分かりやすさが売りのOSなのに、英語版というのは矛盾している。もともとニッチな製品だし、盛り上がるとは思えないね」と語った。また、ある店員さんは「マイクロソフトから援助がもらえるわけでもないので、ウチは(深夜販売を)やらないですよ」という。

 それでも、TSUKUMO eX.の前には、夕方5時から列を作る人が現れた。先頭に並ぶある男性は、声高に「VistaみたいなOSを買う前に、こっち(Windows Home Server)を使えってんですよ。英語インタフェースといっても日本語入力ができないわけじゃないですし」と語っている。そうした熱烈な声に後押しされて、深夜販売が盛り上がることを期待したい。

og_akibar_002.jpgog_akibar_003.jpgog_akibar_004.jpg ドスパラ秋葉原本店前。店の前では、22型液晶などが当たるビンゴ大会を決行する(写真=左)。TSUKUMO eX.は購入者に1GバイトのUSBメモリを無料で配るなど、特典を用意している(写真=中央)。なお、明けた9月29日の13時から、カフェソラーレにて、Windows Home Serverのローンチイベントも開催される予定だ(写真=右)

og_akibar_005.jpgog_akibar_006.jpgog_akibar_007.jpg 28日18時ごろのドスパラ秋葉原本店前。人影は……(写真=左)。同じころ、TSUKUMO eX.前には「先頭」の立て札があり、すでに2人の強者が並んでいた。そのうち1人は、OSではなく特価品目当てで並んでいるという。それはそれでスゴい(写真=中央/右)

 28日22時現在、TSUKUMO eX.の前には25名ほどの列ができている模様。

(続報:「でも、逆に楽しかった」――Windows Home Server深夜販売を終えて

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.