ニュース
» 2007年10月09日 15時00分 UPDATE

日本市場に“本気”で取り組むXFX

ユニークなパッケージとユニークな仕様でパワーユーザーから注目されているXFXが、日本の関係者に“やる気”を見せてくれた。

[長浜和也,ITmedia]
kn_xfx09.jpg XFXの“本気”を日本の関係者へ示すべく香港からやってきた副社長のサニー・ナラン氏

 XFX(PINE Technology)は、10月5日に新製品「XFX 8800 GTS Fatal1ty」「XFX-i7xxx」シリーズの製品発表会を行った。発表会では、日本におけるXFXの取り組みについても紹介された。

 XFXは、ハイエンドPCパーツを中心にラインアップをそろえている、パフォーマンス重視のゲームユーザーをターゲットにしたブランドで、海外ユーザーには、オーバークロック設定のグラフィックスカードやマザーボードのベンダーとして知られている。

 日本市場においては、少数が流通するのみであったが、最近では、海外の評判を耳にしたパワーユーザーのリクエストや、国内代理店などの登場によってパーツショップの露出度も増えてきている。

kn_xfx01.jpgkn_xfx02.jpg 今回発表された「XFX 8800 GTS Fatal1ty」(画像左)と「XFX-i7xxx」シリーズ(画像右)。マザーボードは搭載するチップセットによって「XFX-i7150」「XFX-i7100」「XFX-i7050」の3製品が用意される

 このような、ユーザーの需要に応えるべく、国内総代理店としてシネックスと提携するとともに、XFXでも日本市場を担当する専従スタッフを用意するなど、販売体制を強化してきた。今回の発表会は新製品を紹介すると同時に、日本の流通関係者にXFXの「本気度」をアピールする場であったといえるだろう。

kn_xfx03.jpgkn_xfx04.jpg XFXの日本市場における取り組みとして紹介された、パッケージ(画像左)とマニュアル(画像右)の日本語化。このほか、XFXでは日本語のWebサイトも用意している

kn_xfx05.jpgkn_xfx06.jpg XFXでは、日本語が分かる3人のスタッフを日本専従にすることで、日本市場からのリクエストに的確に対応するとしている。発表会ではマーケティング担当のリタ・リン氏(画像左)とセールス担当のティミー・シェク氏(画像右)が日本の関係者に挨拶した

 会場では、XFX香港支社から来日した副社長のサニー・ナラン氏が、新製品とXFXの日本市場における取り組みを説明したほか、NVIDIA日本代表(NVIDIA Vice President Japan)の細井洋一氏、シネックス代表取締役社長の池尻赳夫氏から、それぞれXFXとの強いパートナーシップをアピールするコメントが紹介された。

kn_xfx07.jpgkn_xfx08.jpg 発表会にゲストとして登場したNVIDIA日本代表の細井洋一氏(画像左)とシネックス代表取締役社長の池尻赳夫氏(画像右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.