ニュース
» 2007年10月11日 15時29分 UPDATE

日本HP、10万円台からのエントリーWS計2モデルを発表

日本ヒューレット・パッカードは、エントリークラスモデルとなるパーソナル向けワークステーション2製品「HP xw4550/CT Workstation」「HP xw4600/CT Workstation」を発売する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは10月11日、エントリークラスモデルとなるパーソナル向けワークステーション2製品「HP xw4550/CT Workstation」「HP xw4600/CT Workstation」(以下xw4550/xw4600)を発表した。発売日は、xw4550が10月11日、xw4600が11月5日。CTOカスタマイズに対応、価格はxw4550が10万5000円から、xw4600が13万8075円から(双方税込み)。

photophoto HP xw4550/CT Workstation(左)、HP xw4600/CT Workstation(右)

 xw4550は、同社製パーソナルワークステーションの最廉価モデルとなる製品で、最小構成でCPUとしてデュアルコアOpteron 1212(2.0GHz)を搭載したモデル。メモリはDDR2 1Gバイト、HDDは80Gバイトを装備、OSはWindows Vista Business。グラフィックス機能はチップセット内蔵のRADEON X1250を利用可能となっている。

 HP xw4600/CT Workstationは、マザーボードに最新のIntel X38 Expressチップセット搭載製品を用いたワークステーションで、Core2 Duo E6550(2.33GHz)を標準装備。メモリは512Mバイト、HDDは80Gバイトを装備、OSはWindows Vista Businessをプリインストールする。グラフィックスカードは、Fire GL/Quadro FX/Quadro NVSシリーズなどを任意にカスタマイズ搭載可能だ。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-