速報
» 2007年10月16日 22時13分 UPDATE

ついに発売日が決定:「Mac OS X Leopard」を10月26日午後6時に出荷

アップルは10月16日、次期OS「Mac OS X Leopard」の出荷を10月26日午後6時から行うことを発表した。すでに予約も開始している。

[ITmedia]

直販のApple Storeではすでに予約が開始

og_leopard_001.jpg

 アップルがMac OS Xの6番めのメジャーリリースとなる“Leopard”こと「Mac OS X v10.5」の発売を10月26日午後6時から行うことを発表した。同時に直販のApple Storeでの予約受付も開始されている。

 価格は1万4800円で、同一住居内での5人分のユーザーライセンスを含んだ「ファミリーパック」は2万2800円と、前バージョンのMac OS X v10.4“Tiger”から据え置かれている。また、2007年10月1日以降に新品のMacを購入したユーザーには、1280円でLeopardにアップグレード可能な「Mac OS Up-To-Dateアップグレードパッケージ」が用意される。

 アップル最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ジョブズ氏は、「Mac OS Xの6番目のメジャーリリースとなるLeopardは、アップルがこれまでにリリースした中でも最高のアップグレード。新しい革新的な機能を満載した究極のバージョンを、わずか1万4800円ですべての人が手にすることができる。」と述べている。

 なお、Leopardの動作には、512Mバイト以上のメモリとIntelおよびPowerPC G5/G4(867MHz以上)のCPUを搭載したMacが必要だ。

og_leopard_002.jpgog_leopard_003.jpgog_leopard_004.jpg 2007年6月のWWDCでも紹介されたLeopardの新機能は、Dockからファイルにアクセスする「Stacks」(写真=左)や自動バックアップ機能「TimeMachine」(写真=中央)など300を超える。64ビット対応もトピックだ(画面=右)

関連キーワード

Mac | Apple | Leopard | Mac OS X | ジョブズ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-