ニュース
» 2007年11月27日 11時14分 UPDATE

エプソンダイレクト、容量2.7リットルの小型筐体採用デスクトップ「Endeavor ST110」など2製品

エプソンダイレクトは、省スペース筐体採用のデスクトップPC「Endeavor ST110」、および2スピンドル軽量モバイルノートPC「Endeavor NA103」の計2製品を発表した。

[ITmedia]
photo Endeavor ST110

 エプソンダイレクトは11月27日、省スペース筐体採用のデスクトップPC「Endeavor ST110」、および2スピンドル軽量モバイルノートPC「Endeavor NA103」の計2製品を発表、本日より発売を開始する。双方ともBTOカスタマイズに対応、価格はEndeavor ST110が6万5100円から、Endeavor NA103が12万9780円から(双方税込み)。

 Endeavor ST110は、縦置き/横置き量対応の省スペース筐体採用デスクトップPC「Endeavor ST100」の後継モデル製品で、2007年7月策定の国際エネルギースタープログラム4.0に準拠した省電力設計となっているのが特徴だ。また、Intel vProプロセッサ・テクノロジにも対応しており、ネットワーク運用時の管理機能を利用することができる。

 搭載可能CPUはCeleron 530(1.73GHz)/Core 2Duo T7250(2GHz)〜T7800(2.6GHz)。メモリはDDR2 512Mバイト〜3Gバイト、HDDは40Gバイト〜250Gバイト、光学ドライブはDVDコンボドライブ/DVD-ROMドライブ/DVDスーパーマルチドライブを選択できる(光学ドライブレス構成も可能)。OSはWindows XP Home Edition/Professional、Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimateを選択可能。ディスプレイ出力は標準でアナログD-Sub×1、DVI×1の2系統を装備する。

photo Endeavor NA103。カラーバリエーションはブラック/シルバーモデルとパールホワイトモデルの2カラーを用意する

 Endeavor NA103は、B5モバイルノートPC「Endeavor NA102」の後継モデルで、搭載CPUとして超低電圧版Celeron M 523(933MHz)/Core 2 Solo U2200(1.2GHz)のほか、新たに超低電圧版Core 2 Duo U7600(1.2GHz)を選択可能とした。また、キーボード部分に低反発素材を採用したことで操作感の向上もなされている。

 液晶ディスプレイは1024×768ドット表示対応の12.1インチ液晶ディスプレイを内蔵。メモリはDDR2 512Mバイト〜1.5Gバイト、HDDは40Gバイトから160Gバイト、光学ドライブはDVDコンボドライブ/DVDスーパーマルチドライブおよび光学ドライブレス構成を選択可能。OSはWindows XP Home Edition/Professional、Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/Ultimateを搭載できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう