ニュース
» 2007年12月01日 15時30分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「AMDさん、勘弁して……」 Phenom 9600登場も買い控えムード!? (1/4)

先週に引き続いてPhenomの上位モデルが登場。ただし手を出すユーザーは少ない様子だ。その理由をAMDの“売り方”にあると指摘するいくつかのショップから、大きなため息が漏れた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

Phenom 9600発売も、「もうすぐBlack Editionが出るなら、そりゃ待つでしょ」

og_akiba12_001.jpg Phenom 9600の発売を知らせるTSUKUMO eX.のPOP

 11月22日に登場したPhenom 9500に続き、今週の金曜日から上位モデルのPhenom 9600がアキバ各ショップの店頭に並んだ。価格は3万3000〜3万6000円で、在庫は潤沢だ。

 Phenom 9600は動作クロック2.3GHzのクアッドコアCPU。クロック数以外は先週から出回っている下位のPhenom 9500と同じ仕様で、512Kバイト×4個のL2キャッシュと各コアで共有する2MバイトのL3キャッシュを備える。TDPは95ワットだ(関連レビュー:“ネイティブ”は“ネイティブ?”に勝るか──Phenom出荷直前レビュー)。

 年内に入手できるPhenomとしては最上位にラインアップされるが、出足はどこのショップもいまひとつの様子だった。BLESS秋葉原本店は「多くのAMDユーザーは、まだ様子見している感じですね。これからのボーナスシーズンにも期待していますが、本格的に売れ出すのは来年になってからでしょう」と、少しあきらめ気味に語る。

 反響が少ない理由をAMDの販売戦術に求める声もいくつか聞いた。某店員さんは「Phenom 9600が登場する前にPhenom 9600 Black Editionの年内発売を発表するとか、勘弁してほしい。ああいうのは、Phenomがある程度浸透したあとに情報を流さないと」と苦言を漏らす。

 さらに、「AMDは昔から売り方が下手すぎるんです。発表後に製品の出荷予定が遅れたり、最下位モデルから発売を開始するとか。モノはいいのに、なぜかいつも“残念感”を漂わせる」と、過去の例にまで話を広げて語るショップもあった。

 しかし、これらの苦言の根底には、AMDを応援する気持ちがあるのも確かだ。「ハイエンドGPUの状況みたいに、片方が断トツで勝つような事態にはなってほしくないよね。インテルとAMDがしのぎを削るからこそ、マザーボードや冷却パーツも多数の製品が登場して、できる限りの低価格で激しい競争が起きる。ここでAMDがへたってしまうと、自作PC市場全体に悪影響を及ぼしますから。今後のためにもAMDにはもっとがんばってもらわないとね」(同店員さん)。

og_akiba12_002.jpgog_akiba12_003.jpgog_akiba12_004.jpg AMD「Phenom 9600」(写真=左)。11月23日のAMDイベントが大盛況だったが、Phenom 9600 BLACK EDITION投入というサプライズ情報が逆効果となってしまったか?(写真=中央/右)

製品名:AMD「Phenom 9600
入荷ショップ
ドスパラ秋葉原本店3万2990円
TSUKUMO eX.3万3780円
クレバリー1号店3万4623円
BLESS秋葉原本店3万4980円
高速電脳3万5480円
USER'S SIDE秋葉原本店3万5490円
T-ZONE.PC DIY SHOP3万5490円
パソコンショップ・アーク3万5580円
フェイス パーツ館3万5580円
ツートップ秋葉原本店3万5580円
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.