ニュース
» 2008年01月10日 16時00分 UPDATE

2008 International CES:Alien vs. Voodoo!──DELLとHPのゲーミングPC代理戦争 (1/3)

AilenwareにVoodoo。どちらも超大手に買収されたゲーミングPCブランドだ。その2大ブランド(ただし米国限定)が、CESという戦場で「大国の後押し」を受けて激突した。

[長浜和也,ITmedia]

「VoodooなのにCrossFire!」なHPのゲーミングPCコーナー

 家電が主役のCESであるが、2008年は、“Menlow”をはじめとしてPC関連の展示も充実していた。デスクトップPCのカテゴリーでも、ゲームユーザーをターゲットにしたハイパフォーマンスPCの展示が多く見られたのが特徴だ。その象徴といえるのが、DELLとHPのブースで見られた「ゲーミングPC」の展示だろう。

 HPは、広大な同社ブースの、実に半分を買収したゲーミングPCベンダー「Voodoo」の展示に割き、最新のゲーミングPC「BLACKBIRD002」を多数並べて来場者が実際にゲームを楽しめるようになっていた。BLACKBIRD002は、筐体の内部に水冷と大型ファンによる空冷のハイブリッド冷却機構や5台のHDDを簡単に換装できるHDDラックなど、大掛かりなギミックを搭載する。

 展示されていたデモ機はCPUにCore 2 Extreme、マザーボードにはASUSのStrikerExtremeを搭載。本来、BLACKBIRD002にはGeForce 8800 Ultraが組み込まれるが、CESで展示されていたシステムでは「Radeon HD 3870」2枚によるCrossFireが構成されていた(Voodoo PCにCrossFireとはウケ狙いですか?)。

 HPのVoodooブースには、このほかにもフォースフィードバックに対応したゲーミングチェアを数台並べて、レーシングシミュレータやフライトシミュレータが“体感”できる大掛かりなコーナーが用意されるなど、本家HPのブースに負けないほどの賑わいを見せている。

kn_ces09gm_01.jpgkn_ces09gm_02.jpg 「Unreal Tournament III」のエンブレムも凛々しいVoodooの最新ハイエンドラインアップ「BLACKBIRD002」には、Radeon HD 3870によるCrossFireが構成されていた(VoodooにCrossFireとはウケ狙いですか?)

kn_ces09gm_03.jpgkn_ces09gm_04.jpg HPブースで盛り上がっていたフォースフィードバック対応のゲームチェア。レースシムでコースアウトすると周囲のロッドが画面の動きに合わせて伸び縮みするから、座っているプレーヤーもグワングワンと揺れる

kn_ces09gm_17.jpgkn_ces09gm_18.jpg 本家HPの展示ブースで注目されていたのが、20.1インチワイドの大型液晶ディスプレイを搭載する「HP Pavilion HDX Entertainment PC」(写真=左)と、注目のWindows Home Serverマシン「HP Media Smart Server」(写真=右)とそのコンパクト版となる「HP Media Vault mv200」(搭載するHDDベイが4層から2層に減る)だ。ノートPCはDELLのXPS 2010とよく似た「アーム式」ディスプレイを採用する
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.