速報
» 2008年01月16日 10時26分 UPDATE

“Something in the air.”の正体は:「MacBook Air」から「Time Capsule」まで、4つのテーマで語られたスティーブ・ジョブズ氏基調講演 (1/3)

「世界で最も薄いノートPC」が登場したMacworld Expo 2008。iTunesの新サービスやiPhone/iPod touchのアップデート、Time Machineを活用する新デバイスなど話題は多い。

[林信行,ITmedia]
og_macworld04_001.jpg 謎めいたメッセージの秘密がついに明かされた

 Macworld Expo恒例のスティーブ・ジョブズ氏による基調講演が行われた。ジョブズ氏は冒頭、iPhoneMac OS X “Leopard”という2つの大ヒット製品をリリースできた2007年は、アップルにとってすばらしい1年だったと振り返った。

 それからジョブズ氏は、今日は4つの発表があると宣言した。約1時間40分の基調講演で紹介された新製品と新サービスの数は、“4つ”という言葉をはるかに上回るが、ジョブズ氏は今回の発表を4つのテーマに沿って紹介している。

 1つめのテーマは、昨年500万本を出荷したLeopardと、同OSの目玉機能である「Time Machine」について。2つめは、400万台を出荷したiPhone(とiPod touch)についてだ。3つめは、iTunesの新サービスと新しいApple TV。そして4つめが、謎に満ちたメッセージ「Something in the air.」の答え――今回のMacworldで一番の目玉である「MacBook Air」である(ウワサは本当だった!)。

 ここでは少し順番を変えて、「MacBook Air」「Mac OS X」「iPhone」「iTunes Movie Rental」の順に紹介していく。なお、基調講演の詳細については、この後の記事でフォローする予定だ。まずは速報として、写真を中心とした概略にとどめる。

薄型モバイルノート「MacBook Air」

og_macworld04_002.jpg MacBook Airのウワサは本当だった

 ジョブズCEOは、Macworld Expo会場中に掲げられた謎のメッセージ「There is something in the air.」をスクリーンに映し出し、「きょう、われわれは人気のノートブック製品、MacBook、MacBook Proに続く第3の製品、MacBook Airを発表する」とした。同氏によればこれは「世界で最も薄いノートPC」だと言う。

 ジョブズCEOは、これまでの薄型ノートブックPCの代表例としてソニーのVAIO TZシリーズを取り上げ、「MacBook Airの一番厚い部分は、VAIO TZの一番薄い部分よりも薄い」と紹介した。

 これまでの多くの薄型ノートPCは、画面サイズやキーボードサイズ、バッテリー寿命を犠牲にしてきたとジョブズ氏は語り、MacBook Airはこれらの点でも妥協していないと自信を見せる。これだけの薄さ(19.4ミリ!)を実現しながら、MacBook Proシリーズの目玉機能であるキーボード用バックライトも採用している。

og_macworld04_003.jpgog_macworld04_004.jpgog_macworld04_005.jpg MacBook、MacBook Proに続く第3のノートPC製品「MacBook Air」(写真=左)。「世界で一番薄いノート型PCだ」(写真=中央)。薄型ノートPCの代表としてソニーの「VAIO TZ」シリーズがあるが……(写真=右)
og_macworld04_006.jpgog_macworld04_007.jpgog_macworld04_008.jpg VAIO TZの一番薄い部分よりも、MacBook Airの一番厚い部分のほうが薄い(写真=左)。MacBook Airを茶封筒から取り出してその薄さをアピールするスティーブ・ジョブズ氏(写真=中央)。薄いながらもバックライトキーボードを搭載(写真=右)

 MacBook Airでは、ボディの薄さを実現するために、光学式ドライブを内蔵していないが、アップルはそれにあわせて革新的な機能を用意した。ネットワーク接続されたほかのMacやWindowsマシンの光学式ドライブを借りて、無線LAN経由で利用できるのだ。

 MacBook Airには、これ以外にもいくつか新しい革新がある。1つはアップルがiPod Classicシリーズに採用した1.8インチの160/80GバイトHDDの代わりに、64GバイトのSSDモデルをBTOで用意したことだ。

 また、大きめのトラックパッドを搭載し、マルチフィンガーによるジェスチャーをサポートしているのも目を引く。iPod touchでおなじみのピンチなどのジェスチャーに加えて、3本指で写真をめくったり、2本指を回転させてイメージを回転させるなど、数種類のマルチタッチ操作が用意されている。

og_macworld04_009.jpgog_macworld04_010.jpgog_macworld04_011.jpg MacBook Airのトラックパッドはマルチタッチのジェスチャーに対応。iPhoneにはない操作も可能だ(写真=左)。80Gバイトの1.8インチHDDのほかに、64GバイトのSSDを採用した0スピンドル構成も選べる(写真=中央)。MacBook Airには外付けのSuperDriveも用意する。USB接続のバスパワーで動作する(写真=右)

og_macworld04_012.jpgog_macworld04_013.jpgog_macworld04_014.jpg 光学式ドライブがなくても、映画はiTunes Movie Rentalで、ソフトのインストールはネットワーク越しのほかのPCに搭載されたドライブを利用できる。また、バックアップは無線LAN機能付きのNAS製品「Time Capsule」を使い、外出時のCDを焼く代わりにiPodを使えばOKだ。「光学式ドライブがなくても困らない」とジョブズ氏(写真=左)。MacBook AirのCMの1シーン。封筒にすっぽりと収まるボディがその薄さを強調する(写真=中央)。MacBook Airは環境にも配慮している。リサイクル可能なアルミニウムを採用し、歴代Macでは一番小さな箱を使うことで運送にかかる燃料も削減する(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-