ニュース
» 2008年01月28日 14時42分 UPDATE

グリーンハウス、ハードウェア暗号化対応のUSBメモリ「ピコドライブST」

グリーンハウスは、ハードウェアレベルでのAES 256ビット暗号化に対応するUSBメモリ「ピコドライブST」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo ピコドライブST

 グリーンハウスは1月28日、暗号化対応のUSBメモリ「ピコドライブST」シリーズを発表、2月上旬より発売する。128Mバイト〜8Gバイトの計7モデルをラインアップ、価格はいずれもオープン。予想実売価格は128Mバイトモデルが1680円、256Mバイトモデルが1980円、512Mバイトモデルが2080円、1Gバイトモデルが2180円、2Gバイトモデルが2980円、4Gバイトモデルが5780円、8Gバイトモデルが1万1000円。

 ピコドライブSTシリーズは、USB 2.0接続対応のUSBメモリで、「ReadyBoost」基準を満たす高速転送に対応(128/256MバイトモデルはReadyBoost非サポート)。ハードウェアレベルでの暗号化をサポートしており、パスワードロックされたデータをAES 256ビット暗号化で保護可能だ。なお、暗号化セキュリティソフトはWindowsのみ対応で、同社サポートページからのダウンロード提供となっている。

 本体サイズは19(幅)×65(奥行き)×8(高さ)ミリ、重量は約11グラム。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP2以降)/Vista、Mac OS X 10.3以降。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-