ニュース
» 2008年01月29日 13時24分 UPDATE

ツクモ、Radeon HD 3870を2基搭載したハイエンドPC「GIGABYTE EAGLES」新モデル

九十九電機は、GIGABYTE製のハイエンドデスクトップPC「GIGABYTE EAGLES」シリーズの新モデル「G-E901J」を発表した。Radeon HD 3870×2基搭載の最上位モデルとなる。

[ITmedia]
photo G-E901J

 九十九電機は1月29日、GIGABYTE製のハイエンドデスクトップPC「GIGABYTE EAGLES」シリーズの新モデル「G-E901J」を発表、本日より販売を開始する。価格は59万8000円(税込み)。

 GIGABYTE EAGLESシリーズは、液冷システムを標準装備するハイエンドデスクトップPCで、CPUの動作クロックを20%オーバークロック済みとしているのが特徴だ。

 今回発表されたモデルのG-E901Jは、従来最上位モデルの「G-E900J」からグラフィックスカードを変更、Radeon HD 3870搭載グラフィックスカード計2枚によるCrossFire動作を実現している。

 そのほかの仕様はほぼG-E900Jをベースとしており、CPUはCore 2Extreme QX9850、メモリはDDR2 4Gバイト、HDDは150Gバイト×2(WD Raptor 150GB ADFD/RAID-0)+750Gバイトを装備する。OSはWindows XP Professional(SP2)だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう