ニュース
» 2008年01月30日 12時38分 UPDATE

バッファロー、iSCSI対応の大容量ネットワークストレージ「TeraStation IS」

バッファローは、ネットワーク接続したドライブをローカルドライブとして認識可能な“iSCSI”に対応する大容量ストレージ「TeraStation IS」シリーズを発表した。ラインアップは1Tバイト/2Tバイト/4Tバイト。

[ITmedia]
photo TS-IGL/R5シリーズ

 バッファローは1月30日、ネットワーク接続したドライブをローカルドライブとして認識可能な“iSCSI”に対応する大容量ネットワークストレージ「TeraStation IS」を発表、2月中旬より出荷する。縦置き筐体採用の「TS-IGL/R5」シリーズと、ラックマウント設置タイプの「TS-RIGL/R5」シリーズをラインアップ。ともに1Tバイト/2Tバイト/4Tバイト容量モデルを用意している。

photo TS-RIGL/R5シリーズ

 TeraStation ISシリーズは、RAID-0/1/5/10をサポートするギガビット接続対応高機能NAS「TeraStation」シリーズの上位モデル。本製品では新たに、ネットワーク接続ドライブをローカルディスクとして認識可能な「iSCSI」規格に対応しているのが特徴で、転送速度は同社実測値で65Mバイト/秒の高速転送が可能となっている。

 そのほか、特定時刻に自己診断を行う「RAIDメンテナンス機能」や、バックアップ用のドライブイメージを作成できる「スナップショット機能」などの多彩な機能も利用可能だ。

 TeraStation ISシリーズの製品ラインアップと価格は以下の通り。

型番容量価格
TS-I1.0TGL/R51.0Tバイト14万円
TS-I2.0TGL/R52.0Tバイト16万円
TS-I4.0TGL/R54.0Tバイト29万円
TS-RI1.0TGL/R51.0Tバイト15万円
TS-RI2.0TGL/R52.0Tバイト17万円
TS-RI4.0TGL/R54.0Tバイト30万円

関連キーワード

バッファロー | NAS | RAID | バックアップ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう