ニュース
» 2008年02月11日 15時23分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:激動のアキバに一輪の造花を (1/4)

旧正月真っ直中、でも魅力的な新製品が登場するアキバ。中央通りには大手PCパーツショップの看板が新たに掲げられた。

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

PCパーツショップにまつわる大小の変化

og_akiba02_001.jpg 中央通りに“ドスパラ”の青い看板が見える

 既報のとおり、ドスパラ各店を経営するサードウェーブは「ドスパラ アキバ中央通り店」を2月13日にオープンする。現地では2月8日の時点ですでに店舗の改装が進められていた。

 ドスパラ アキバ中央通り店は、中古PCと中古デジカメを扱う店舗で、アキバにあるドスパラでは唯一の中古専門店となる。なお、じゃんぱら各店は系列会社のサードウェーブ エクスチェンジが経営しているため、サードウェーブ経営の「ドスパラ アキバ中央通り店」とは流通ルートが異なると思われる。

 ただ、ドスパラ秋葉原本店のスタッフは、新店舗についてほとんど知らされていなかったという。「新店舗ができるらしいですけど、扱うものが違いますしね。ウチはいままで通りですよ」とのこと。中古買取を担うドスパラ アキバ店2階の店員さんも詳細を聞かされていない様子だった。サードウェーブも「現在詳細を詰めていますので、開店までお待ちください」と話すにとどまる。

 ほかのPCパーツショップは「名前の元が“DOS/Vパラダイス”なのに、デジカメを扱うとは斬新ですね。確かに、DOS/Vパーツというくくりを取り払ったほうがいろいろな展開ができますから。今後もそういうショップが増えるかもしれないなあ」と、複雑な表情で語った。

 中央通りを挟んでドスパラ アキバ中央通り店の向かいにあるTSUKUMO eX.も、電源ユニットの販売コーナーを5階から3階に移すマイナーチェンジを行っていた。5階はPCケースと電源ユニットを扱っていたが、PCパーツ一式の注文も対応しており、「最近週末に対応が滞りがちになったので、電源ユニットだけ下に移しました」という。グラフィックスカードを扱う3階に移したのは「最近は、CPUよりグラフィックスカードの買い替えを機に電源ユニットを購入する人が多いですからね。ゾーニングの効率化です」とのことだ。

 なお、1月末に閉店した高速電脳の跡地は、まだ告示書がはられたまま動きはないが、店舗前には一輪の造花が手向けられていた。誰がやったのかは不明だが、激動するアキバで幕を閉じた店への特別な思いが込められているようだった。

og_akiba02_002.jpgog_akiba02_003.jpgog_akiba02_004.jpg ドスパラ アキバ中央通り店の中はまだ棚も置かれていない状態だったが、連休明けにはオープンする(写真=左)。3階に移動したTSUKUMO eX.の電源ユニットコーナー。金曜日はリニューアルオープン記念で電源ユニットが全品10%オフだった(写真=中央)。高速電脳に手向けられたと思われる一輪の造花。画像クリックで接写(写真=右)

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう