ニュース
» 2008年02月19日 14時13分 UPDATE

太陽誘電、有機色素記録膜利用の「THE 日本製」BD-Rを発売

太陽誘電が有機色素記録膜を採用したBD-Rを発売。製造を日本で行う「THE 日本製」だ。

[ITmedia]
photo 録画用BD-R「BR-V25WTY」

 太陽誘電は2月19日、有機色素記録膜を利用した録画用BD-R「BR-V25WTY」を2月26日に販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は1000円前後。5枚組の「BR-V25WTY5P」も用意され、こちらの実売想定価格は4500円前後。

 記録膜に有機色素を利用したBD-R。昨年3月に規定されたBlu-ray Disc Recordable Format Version 1.2に準拠した書き込み規格「BD-R LTH TYPE」(Low To High方式)に準拠しており、利用には対応ドライブが必要。25Gバイトの容量を持ち、地上デジタル放送で約180分、BSデジタル放送で約130分の録画が行える。製造を国内で行い、パッケージにも「THE 日本製」と表記する。

 同社は昨年秋のCEATEC JAPANに有機色素を利用したBD-Rを展示しており、CDやDVDと同様に有機系材料を利用することで、無機材質利用のBD-Rより低価格なラインを狙いたいとコメントしていた。

関連キーワード

Blu-ray | 記録メディア


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう