ニュース
» 2008年02月19日 14時50分 UPDATE

トリニティー、独自認証“IPNテクノロジ”対応のUSBスティック型LANアダプタ

トリニティーセキュリティーシステムズは、高度なセキュリティを実現する独自の認証方式“IPNテクノロジ”に対応するUSBスティック型LANアダプタ「IPN-W108USB」を発売する。

[ITmedia]
photo IPN-W100シリーズ IPN-W108USB(左)、IPN-W100CB(中央)、IPN-W120AP(右)

 トリニティーセキュリティーシステムズは2月19日、高度なセキュリティを実現する独自の認証方式“IPNテクノロジ”に対応するUSBスティックタイプのLANアダプタ「IPN-W108USB」を発表、2月25日より発売する。価格は2万790円(税込み)。

 IPN-W108USBは、同社製のIEEE802.11a/g/b対応無線LANアクセスポイント「IPN-W120AP」「IPN-W100AP」向けとなるUSB外付け無線LANアダプタで、セキュリティ認証機能として独自の「IPNテクノロジ」をサポートするのが特徴。そのほか、WEP/WPA/WPA2なども利用可能となっている。

 本体サイズは30(幅)×95(奥行き)×12(高さ)ミリ、重量は約22グラム。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP1以降)。

関連キーワード

認証 | セキュリティ | 無線LAN


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう