ニュース
» 2008年02月25日 16時55分 UPDATE

ナナオ、プロ向け液晶「ColorEdge」シリーズに22インチワイドモデル「ColorEdge CG222W」を追加

ナナオは、高精度カラーマネージメントに対応する22インチワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CG222W」を発表した。

[ITmedia]
photo ColorEdge CG222W

 ナナオは2月25日、高精度カラーマネージメントに対応する22インチワイド液晶ディスプレイ「ColorEdge CG222W」を発表、3月19日より発売する。価格はオープン、同社直販「EIZOダイレクト」販売価格は13万4400円(税込み)。

 ColorEdge CG222Wは、同社製のカラーマネージメント対応液晶ディスプレイ「ColorEdge」シリーズのエントリーモデルとなる22インチワイドモデルで、既存シリーズ製品から低価格化を実現したのが特徴だ。液晶パネルには1680×1050ドット表示対応のVAパネルを採用、Adobe RGB比で92%の色域表示が可能となっている。

 画面全域の輝度/色度を均一化する「デジタルユニフォミティ補正回路」や、内部16ビット/ルックアップテーブル12ビットの演算処理による滑らかな階調表現といった、“ColorEdge”シリーズの特徴は継承。ハードウェアキャリブレーションセンサーを用いた色表示補正にも対応、専用の遮光フードも付属している。

 入力インタフェースはDVI×2(HDCP対応)を装備。本体サイズは507(幅)×230(奥行き)×439〜521(高さ)ミリ、重量は約11.2キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう