ニュース
» 2008年02月27日 01時40分 UPDATE

さらにお安くなりました:45ナノ世代の新しいMacBookが登場

新しいMacBookは45ナノプロセスルールの新型Core 2 Duoを採用。基本スペックを強化しつつ下位2モデルの価格をさらに引き下げたが、スペックダウンした部分も。

[ITmedia]
og_macbook_001.jpg

 アップルは2月26日、13.3インチワイド液晶を搭載した「MacBook」の新モデルを発表した。

 ラインアップは、従来と同じく最上位がブラック、下位2モデルがホワイトの3モデル構成。今回のアップデートは、主にCPUクロックの高速化や搭載メモリ/HDD容量を強化したマイナーチェンジだが、CPUには45ナノプロセスで製造される新型Core 2 Duoが採用されている(ただし2次キャッシュ容量は3Mバイト)。OSは最新Mac OS X “Leopard”だ。

 最上位の「MB404J/A」は、CPUの動作クロックを2.2GHzから2.4GHzに引き上げ、HDD容量を160Gバイトから250Gバイトに増強、メモリも2Gバイトに倍増した。価格は17万9800円で据え置き。

 MB404J/Aと同じくCPUを2.4GHzのCore 2 Duoに強化したホワイトモデル「MB403J/A」も、メモリを2Gバイトに倍増し、HDD容量は120Gバイトから160Gバイトに強化した。一方、最下位の「MB402J/A」は、CPU動作クロックを2.0GHzから2.1GHzに引き上げ、HDD容量を80Gバイトから120Gバイトに増やしている。価格はMB403J/Aが15万4800円、MB402J/Aが12万9800円で、前回に比べてMB403J/Aは5000円、MB402J/Aは1万円ほど安くなった。

※記事初出時、MB402J/AのCPU動作クロックが「2.2GHzに引き上げられた」という記述がありましたが、正しくは「2.1GHzに」です。おわびして訂正いたします。

 光沢パネルを採用した13.3インチ液晶(1280×800ドット)をはじめ、ギガビットLANや802.11n/a/g/b(nはドラフト)対応の無線LAN、Bluetooth 2.0+EDRなどのネットワーク機能、内蔵iSightやMagSafe電源アダプタといった特徴は踏襲している。

 デザインも従来同様で、本体サイズは325(幅)×227(奥行き)×275(高さ)ミリ、重量は2.27キロ。ただし、内蔵リチウムポリマーバッテリの容量は変わっていないが、駆動時間は約6時間から約4.5時間と短くなった(公称値)。また、付属品からApple Remoteが省かれている。

og_macbook_002.jpgog_macbook_003.jpg 左からブラックモデル(MB404J/A)とホワイトモデル(MB403J/AおよびMB402J/A)

 2月27日現在、Apple Storeの出荷予定日はすべて24時間以内だ。なお、MacBook Airと同様のマルチタッチトラックパッドを採用した新型MacBook Proも同日登場している。

追記:同社広報によると、スペック上の公称バッテリー駆動時間が短くなっているのは、今回から計測方法を変更したため。具体的には「ディスプレイの明るさを50%に設定した状態で、さまざまなWebサイトをワイヤレスで閲覧し、ワードプロセッサでテキストを編集して、バッテリー寿命を測定する」という方法を採用したという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-