ニュース
» 2008年03月05日 11時00分 UPDATE

Centrino Atom採用で1キロを切る「TOUGHBOOK」がCeBITに登場

パナソニックは、堅牢ノートPCシリーズ「TOUGHBOOK」のUMPC版の開発を表明した。CeBITで開発サンプルが参考展示される予定だ。

[ITmedia]
kn_tough_02.jpg UMPC版TOUGHBOOKは手のひらサイズと1キロを切る軽量化を目指している

 今回開発が表明されたTOUGHBOOKは、超小型PCやMID(Mobile Internet Device)向けのプラットフォームとしてインテルが開発を進めている「Centrino Atom」(開発コード名Menlow)プラットフォームを搭載するUMPCとして登場する予定だ。

 欧米では、堅牢性能に優れたノートPCのブランドとしてトップシェアを得るまでに評価されているTOUGHBOOKだが、多くのユーザーから「軽量小型」のラインアップが望まれていた。すでに、PDAタイプのモデルが提供していたものの、あらたに、UMPCタイプのモデルを開発することになったと、パナソニックは説明している。

 開発途上にあるため、具体的なスペックは確定していないが、開発における仕様要求としてつぎの項目が掲げられている。

  • Centrino Atomを導入すること
  • 耐衝撃/耐落下性能については、従来のTOUGHBOOKシリーズより向上させること
  • Windows Vistaが動作してノートPC同等の操作環境を提供できること
  • 5.6インチ液晶ディスプレイを搭載し、タッチオペーレーションに対応すること
  • 重さは1キロを下回ること
  • 1日持ち運べるバッテリー駆動時間を実現すること
  • バッテリーの電源をいれたままパックの交換ができること
  • キーボード、ワイヤレス接続、カメラ、バーコードリーダーなどの搭載機能のカスタマイスが可能なこと

 従来のTOUGHBOOKを超える堅牢性能を実現しながら、軽量小型化と長時間バッテリー駆動の実現を目指すUMPC版TOUGHBOOKの国内出荷は、2008年秋から法人ルートで順次開始される予定だ。

kn_tough_01.jpg 開発が表明されたUMPC版TOUGHBOOK。このモデルはVAIO type Uのようなフルキーボードを搭載しているが、大きな10キーを載せたモデルも考案されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう