ニュース
» 2008年03月06日 16時00分 UPDATE

マウスコンピューター、金融/医療向きのマルチディスプレイ出力対応スリムデスクトップ

マウスコンピューターは、グラフィックスカードとして最大4画面出力をサポートするATI FireMV 2400搭載製品を内蔵したスリムデスクトップPC「GSX-WS401TeTra」「同601TeTra」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo GSX-WS401TeTra/同601TeTra

 マウスコンピューターは3月6日、最大4画面出力を標準サポートするスリムデスクトップPC計2モデル「GSX-WS401TeTra」「GSX-WS601TeTra」を発表、本日20時より発売する(Windows XP搭載モデルは3月末より販売予定)。価格はGSX-WS401TeTraが15万9600円、GSX-WS601TeTraが17万9970円(双方税込み)。

 GSX-WS401TeTraおよびGSX-WS601TeTraは、ともにグラフィックスカードとして低消費電力が特徴のATI FireMV 2400/256Mバイトを標準するスリムデスクトップPCで、最大4台のマルチディスプレイ環境を構築可能。出力インタフェースはDVI×4(DVI−アナログD-Sub変換アダプタ付属)を備えている。

 搭載CPUはGSX-WS401TeTraがPentium Dual-Core E2160(1.8GHz)、GSX-WS601TeTraがCore 2 Duo E8200(2.66GHz)。メモリは1Gバイト〜2Gバイト、HDDは80Gバイト〜160Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。本体サイズは99(幅)×425(奥行き)×336(高さ)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう