ニュース
» 2008年03月12日 14時37分 UPDATE

ソニー、PCへの直接録音が可能なUSB端子内蔵レコードプレーヤー

ソニーは、USB端子搭載のレコードプレーヤー「PS-LX300USB」を発売する。付属ソフトによりCD-R/RWへの録音やMP3データ変換なども行える。

[ITmedia]
photo PS-LX300USB

 ソニーは3月12日、USB端子搭載のレコードプレーヤー「PS-LX300USB」を発表、4月15日より発売する。価格は2万8350円(税込み)。

 PS-LX300USBは、ベルトドライブ式のアナログレコードプレーヤーで、通常のオーディオ出力に加えてUSB端子を標準装備。付属ソフト「Sound Forge Audio Studio LE」を用いることでCD-R/RWへの録音やMP3/ATRAC形式へのエンコードなどを行える。

 フォノイコライザーアンプを搭載しており、背面のスイッチ切り替えによりフォノイコライザーアンプ未搭載のオーディオ機器との接続も可能。カートリッジはMMカートリッジに対応している。本体サイズは420(幅)×360(奥行き)×95(高さ)ミリ、重量は約3.1キロ。付属ソフトの対応OSはWindows XP(SP2以降)/Vista(32ビット版)。

関連キーワード

ソニー | オーディオ | Windows Vista | Windows XP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう