ニュース
» 2008年03月17日 11時23分 UPDATE

CTO、米Everex製UMPC「CloudBook CE1200J」を発売――XP搭載/5万9800円

CTOは、米Everex製のUMPC「CloudBook CE1200J」の取り扱いを発表した。OSはWindows XPを搭載。

[ITmedia]
photo CloudBook CE1200J

 CTOは3月17日、米Everex製のUMPC「CloudBook CE1200J」の取り扱いを発表、3月22日より発売する。価格は5万9800円(税込み)。

 CloudBookは、アメリカにて2008年1月より販売が開始されているUMPC。アメリカ版ではGoogle製OS「gOS」を搭載しているのに対し、日本販売モデルの「CloudBook CE1200J」では、搭載OSをWindows XP Home Editionとしているのが特徴だ。

 搭載CPUはVIA C7-M ULV 1.2GHz、ディスプレイはタッチスクリーン機能搭載の800×480ドット表示対応7インチ液晶を内蔵。メモリはDDR2 512Mバイト(最大1Gバイト)、HDDは1.8インチの30Gバイトを装備。そのほか30万画素Webカメラ、10/100BASE-TX対応LAN、IEEE802.11a/g/b対応無線LAN、Bluetooth 2.0+EDRなどを備えている。インタフェースはDVI×1、USB 2.0×2などが利用可能だ。

 バッテリー駆動時間は約4時間。本体サイズは230(幅)×171(奥行き)×29.4(高さ)ミリ、重量は970グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.