ニュース
» 2008年03月21日 15時50分 UPDATE

ASUS、静音ファンを搭載したGeForce 9600 GTカード

3月21日、ASUSTeKはオリジナルの冷却ファンを採用した「EN9600GT/HTDI/512M R2」を発表。発売は3月下旬からの予定だ。

[ITmedia]

2スロット仕様のオリジナルファンを搭載

ht_0803as01.jpg 「EN9600GT/HTDI/512M R2」のパッケージ

 ASUSは2月21日付けで、新GPU「NVIDIA GeForce 9600 GT」搭載カード「EN9600GT/HTDI/512M」を投入していたが、リファレンス仕様の1スロットタイプだった。それに対し、今回発表された「EN9600GT/HTDI/512M R2」は、リファレンスデザインのカードと比較して大幅に動作温度を低くできる、2スロットタイプの「Glaciator(グラシエーター)クーラー」を採用したのが特徴だ。同社では、「グラフィックスチップの熱を素早く大型のヒートシンクに伝え、静音ファンで強力に放熱を行います。強力な放熱能力を、リファレンスデザインの約半分の動作音で実現します」としている。

 PCとの接続はPCI Express 2.0 x16で、接続端子はDVI-I×2とS-Video兼用のHDTV出力をサポート。DVI-I→HDMI変換アダプタやDVI-I→D-Sub 15ピンの変換アダプタなどが付属する。主な仕様は、コアクロックが650MHz、シェーダークロックが1.625GHz、グラフィックスメモリがGDDR3 512Mバイト(バス幅は256ビット)、メモリクロックは900MHz(DDRデータ転送レートにして1.8GHz相当)とリファレンスに準じる。予想実売価格は2万6500円前後の見込みだ。

ht_0803as02.jpg

関連キーワード

GeForce | DVI | GPU | NVIDIA | ASUS | グラフィックスカード | HDMI


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう