ニュース
» 2008年04月02日 02時30分 UPDATE

Intel Developer Forum 上海 2008:NettopもNetbookもNehalemもIntel G45も──実機が続々登場した事前展示

IDF上海2008の開幕前日、展示が予定されている注目製品を“ちょこっと”だけ見せてくれる「Showcase Sneak Peek」が行われた。

[長浜和也,ITmedia]

 IDF上海2008で注目なのが、先日行われたCeBITでその存在が“正式に”明らかにされた「Atom」とその関連プラットフォームだ。Centrino Atomを採用した超小型デバイス「MID」や、エントリーバージョンといわれる開発コード名「Diamondville」を採用した廉価版デスクトップPC「Nettop」とノートPC「Netbook」が上海で登場すると期待されている

 IDFでは、正式開幕の前日に展示内容を事前に紹介する「Showcase SneakPeek」が恒例だ。IDF上海2008でも4月1日の夕方に行われ、NetbookやNettopの実機が展示された。ここでは、その姿をはじめとして、事前公開で注目されていた展示を紹介しよう。

 Nettopの展示では、横置きのDVDプレーヤーのようなスタイルから、縦置きの省スペースタワー、そしてユニークな「おむすびPC」などなど、いずれもコンパクトな筐体を採用している。

kn_scsnk_01.jpgkn_scsnk_02.jpg
kn_scsnk_03.jpgkn_scsnk_15.jpg Nettopの実機として4台のPCが確認された

kn_scsnk_04.jpg そのうちの1台では、Windows Experienceの結果が表示されていた
kn_scsnk_05.jpg さらに別の1台でデバイスマネージャーでシステム構成を確認してみた

 Nettopを自分で組み上げたいと考える自作PCユーザーも少なからずいるだろう。そういうユーザーにとって、Nettop向けマザーボードがリテールで入手できるかが鍵になる。Showcase SneakPeekでは、Nettop向けマザーボードも展示されていたが、そのほとんどがOEM向けと思われるなかで、MSIの製品があったことは(MSIもそのほとんどがOEM向けとされているが)リテールに流通する可能性があることを期待させる。

kn_scsnk_06.jpg Intel純正のNettop向けマザーボードとして展示されていた「D945GCLF」は、メモリスロットが1つ、電源コードは20ピンとATX12ボルト4ピンを用意している。IDEコネクタは1つ、SerialATAコネクタは2つ確認できた
kn_scsnk_07.jpg 名称不明のNettop向けマザーボード。こちらはCPUもノースブリッジもヒートシンクだけで冷却するファンレス構成を実現している。電源は24ピンを採用。メモリスロットは1つ。ストレージ系インタフェースはSerial ATAのみでIDEは確認できなかった

kn_scsnk_08.jpg ZOTACが展示していたNettop向けマザーボード。CPUとノースブリッジだけでなく、サウスブリッジにもヒートシンクを載せている。メモリスロットは2つ、Serial ATAもIDEも用意するなど、拡張性はそれほど制約されないようだ
kn_scsnk_09.jpg MSIは以前からノートPCプラットフォームに対応したマザーボードを投入しているが、今回もいち早くNettop向けマザーボートを用意してきた。MSIのマザーが展示されていたことで、自作PCユーザーとしてもNettopに期待が持てるかもしれない。メモリスロットは2つ、Serial ATAとIDEも備えているなど、拡張性は確保されている。

 Nettopがあったのだから、当然Netbookも展示されていた。4台と数は少ないものの、NetbookのきっかけとなったASUS「EeePC」のNetbookバージョンをはじめとして、カラーバリエーションモデル、Linuxモデル、Windows XPモデル、MSIのWind PCなど、興味深いモデルが用意されていた。

kn_scsnk_10.jpg ASUS Eee PCのNetbookバージョン
kn_scsnk_11.jpg MSIのNetbookモデル。日本法人の記者会見では投入計画の見直しをしていることが明らかにされた

kn_scsnk_13.jpgkn_scsnk_14.jpg 同じハードウェアのカラーバリエーションとOSバリエーション。今回の展示ではWindows XPを導入したモデルも複数見られた

kn_scsnk_12.jpg 丸い形状がユニークなNetbook。時間がなくてメーカーを確認できなかったが、IDF上海の会場では多くのブースでこのモデルが確認された

 Nettop、Netbookといったエントリークラス以外でも、IDFではNehalemやIntel 4シリーズチップセットといった次世代主力プラットフォームの展示が期待されている。Showcase SneakPeekでは、これら正式発表前の展示も公開されていた。

kn_scsnk_20.jpgkn_scsnk_21.jpg Nehalemのパフォーマンスをアピールするゲームベンチマークプログラム「Smoke」が動作しているシステム。中身がNehalemかどうか、事前公開では確認できず

kn_scsnk_16.jpgkn_scsnk_17.jpg 次世代のディスプレイインタフェースの「DisplayPort」を実装した「Intel GM45」システムが展示されていて、マザーボードが確認できるようになっていた

kn_scsnk_18.jpgkn_scsnk_19.jpg こちらはデルが行っていたDisplayPortの表示デモ。グラフィックスカードはAMD(ATI Technologies)のRadeon HD 3650を使ってるとのこと

kn_scsnk_22.jpg NehalemやIntel 4シリーズとは関係ないが、ノートPCの拡張ユニットとしてユニークな展示が行われていた。ノートPCとPCI Expressで接続されるドッキングユニットには、専用の電源ユニットを載せて外付けのグラフィックスカードやサウンドカードを組み込んでいる。ドッキングユニットと接続するPCI Expressのレーン数はカスタマイズ可能とスタッフは説明していた

kn_scsnk_23.jpg 見た目で勝負だ!中華PC その1「Skulltrailマシン」
kn_scsnk_24.jpg 見た目で勝負だ!中華PC その2「HynixのDDR3デモマシン」

kn_scsnk_25.jpg 見た目で勝負だ! 中華PC その3「方正のおめでたいPC」
kn_scsnk_26.jpg 見た目で勝負だ! 中華PC その4「装甲PC」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.