ニュース
» 2008年04月16日 11時11分 UPDATE

2008年PC夏モデル:ボディの共通化を図った上位ノートPC――「LaVie L アドバンストタイプ」

NECの主力ノートPC「LaVie L」シリーズで上位に位置する「LaVie L アドバンストタイプ」では、ボディの共通化がトピックだ。

[ITmedia]

ラインアップを絞りCentrinoモデルに集約

 従来4モデルで構成されていたNECの「LaVie L アドバンストタイプ」だが、夏モデルではボディやチップセットの共通化が図られ、上下2モデルのラインアップとなった。

 具体的には、春モデルで投入された“Centrinoモデル”「LL750/LG」をベースに、内蔵Webカメラの有無、HDDの回転数や無線LANや液晶ディスプレイの仕様で差別化がなされている。そのため、従来の上位モデルに比べてボディサイズが362(幅)×266(奥行き)×38.1〜39.8(厚さ)ミリと一回り小さくなり、重量も約3.5キロから3キロに軽減した。ただ、以前の春モデルが備えていたHDMI端子やPCカードスロットが省かれ、USBポートも5ポートから4ポートに減り(パワーオフUSB充電機能は対応)、内蔵スピーカの出力も2ワット+2ワットから1.5ワット+1.5ワットになった。

 春モデルからの強化点は、CPUがCore 2 Duo T7250(2.0GHz)から3Mバイトの2次キャッシュを内蔵したCore 2 Duo T8100(2.1GHz)になり、OSがService Pack 1適用済みのWindows Vista Home Premiumになったことだ。1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド光沢液晶ディスプレイや、「Simple Clean style」と名付けられたボディに変わりはなく、グラビア印刷+インモールド成型を施して独特の質感を醸し出すほか、パームレストからキーボードにかけてグラデーションカラーを取り入れているのも同様だ。

 上位モデルの「LL850/MG」は、チップセットがATI Radeon Xpress 1250からIntel GM965 Expressになり、IEEE802.11n/a/g/bの無線LAN機能(ドラフト2.0準拠)や有効198万画素のWebカメラを内蔵しているのが特徴だ。また、容量160GバイトのHDD回転数が7200rpmと高速なのもアドバンテージだが、液晶ディスプレイが春モデルの「LL850/LG」で採用していたスーパーシャインビューEX3(NTSC比約90%)からスーパーシャインビューEX2(NTSC比約72%)にダウンした。

 発売は4月中旬の予定で、実売予想価格はLL850/MGが19万5000円前後、LL750/MGが18万円前後の見込み。なお、直販のNEC DirectではCPUにCore 2 Duo T8300やスーパーシャインビューEX3液晶の選択、Intel Turbo Memory(容量は1Gバイト)の有無などが選択可能だ。

ht_0804lla01.jpght_0804lla02.jpg 左からLL850/MG、LL750/MG

LaVie L アドバンストタイプの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
LaVie L アドバンストタイプ LL850/MG 2スピンドル ボディ変更 Core 2 Duo T8100(2.1GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 19万5000円前後
LL750/MG 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T8100(2.1GHz) 2048MB 160GB Home Premium(SP1) 18万円前後
LaVie L アドバンストタイプの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
LaVie L アドバンストタイプ LL850/MG 15.4インチワイド 1280×800 Intel GM965 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約3キロ
LL750/MG 15.4インチワイド 1280×800 Intel GM965 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約2.9キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう