ニュース
» 2008年04月16日 15時50分 UPDATE

最大コントラスト比8000:1:日本サムスン、24インチワイド液晶「SyncMaster 245B Plus」を発表

日本サムスンの「SyncMaster 245B Plus」は、1920×1200ドット表示対応の24インチワイド液晶ディスプレイだ。

[ITmedia]

ダイナミックコントラスト使用時で8000:1のコントラスト比を実現

ht_0804ss.jpg SyncMaster 245B Plus

 4月16日に日本サムスンがリリースした「SyncMaster 245B Plus」は、WUXGA表示対応の24インチワイド液晶ディスプレイだ。価格はオープンで、発売は4月下旬の見込み。

 ダイナミックコントラスト時で8000:1(通常は800:1)までコントラスト比を向上させることで、メリハリのある画像を表現するという。インタフェースはHDCP対応のDVI-DとアナログRGBを各1系統ずつ搭載し、同社おなじみとなるMagiTune機能(キャリブレーション調整機能)、MagicColor機能(自動彩度調整機能)、MagicBright2機能(表示モード切り替え機能)を備える。

 そのほかのスペックは、輝度が400カンデラ平方メートル、視野角が水平/垂直とも160度、応答速度が5ms、最大表示色が約1677万色で、前3度/後25度のチルトと左右175度ずつのスイベル、100ミリの高さ調整機能を持つ。また、背面に200×100ミリのVESAアームスタンド用のネジ穴がある。

 本体サイズは560(幅)×250(奥行き)×444.5(高さ)ミリ(スタンドあり)で、重量は約8.4キロ、保証期間は3年間となっている。

関連キーワード

Samsung | ディスプレイ | DVI | 視野角


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう