ニュース
» 2008年04月21日 17時12分 UPDATE

GIGABYTE、マクロキー搭載の“究極ゲーミング”キーボード「GK-K8000」

マスタードギガは、GIGABYTE製のゲーミングキーボード「GK-K8000」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo GK-K8000

 マスタードギガは、GIGABYTE製のゲーミングキーボード「GK-K8000」の取り扱いを発表、5月下旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は1万7000円前後。

 GK-K8000は、USB接続対応の日本語キーボードで、本体上側にはゲームプレイに便利なマクロ用キーを搭載。付属ユーティリティを用いることで計103種類のプロファイルを切り替えて利用できるほか、キーボード内にもプロファイル保存領域(13種類)を備えており、異なるPC環境下でもすぐにマクロ機能を利用することが可能だ。

 キースイッチには独Cherry製の黒軸キーを採用。独自キーとして、ゲームプレイの妨げになる「Windowsキー」を一時的に無効化できる「WindowsLockキー」を備えている。また、付属品として標準のブラックとは色違いとなるグレー/オレンジ色(オレンジはASDWのみ)のスペアキーがセットとなっており、取り外し器具を用いて任意にキー色をカスタマイズ可能だ。

 また、キーボード機能のほかにUSBサウンド機能を内蔵しているのも特徴。そのほか、USB 2.0ハブ2ポートを内蔵している。本体サイズは440(幅)×180(奥行き)×15〜30(高さ)ミリ(ハンドレスト設置時の奥行きは240ミリ)。対応OSはWindows XP/Vista。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう