ニュース
» 2008年04月22日 14時55分 UPDATE

エイサー、A4サイズ筐体採用のコンパクトDLPプロジェクター2製品を発売

日本エイサーは、データプロジェクター計2製品「X1160Z」「X1260」を発表した。

[ITmedia]
photo

 日本エイサーは4月22日、データプロジェクター製品計2モデル「X1160Z」「X1260」を発表、5月8日より発売する。価格は双方オープン。

 X1160ZおよびX1260は、DLP方式を採用するデータプロジェクターで、本体サイズは267(幅)×187(奥行き)×80(高さ)ミリのコンパクト設計を実現した。X1160Zはコストパフォーマンスモデル、X1260はビジネススタンダードモデルと位置づけられており、画素数はX1160Zが800×600(SVGA)、X1260が1024×768(XGA)となっている。輝度は2000ルーメン、コントラスト比は2000:1だ。

 着脱式の操作リモコンが付属。またX1260は出力2ワットのモノラルスピーカーを内蔵した。インタフェースは双方ともアナログD-Sub/コンポーネント入力のほかコンポジットビデオ/Sビデオ入力を装備している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう