ニュース
» 2008年04月23日 12時58分 UPDATE

セイコーエプソン、両面印刷対応のビジネス向けインクジェットプリンタなど計4製品

セイコーエプソンは、「オフィリオプリンタ」の新モデルとなるビジネス向けA4インクジェットプリンタ計2モデル「PX-B500」「PX-B300」、およびA4モノクロ対応ページプリンタ「LP-S300」「LP-S300N」の計4製品を発表した。

[ITmedia]

 セイコーエプソンは4月23日、ビジネス向けA4インクジェットプリンタ計2モデル「PX-B500」「PX-B300」、A4モノクロ対応ページプリンタ「LP-S300」「LP-S300N」の計4製品を発表した。価格はPX-B500が7万9800円、PX-B300が4万9800円、LP-S300が7万4800円、LP-S300Nが5万9800円。

photophotophoto PX-B500(左)、PX-B300(中)、LP-S300(右)

 PX-B500およびPX-B300は、A4モノクロ/カラー時で最大37枚/分の高速印刷を実現したビジネス向けインクジェットプリンタで、給紙枚数は最大650枚。耐久性にも配慮た設計で、耐久枚数は普通紙出力時で10万枚となっている。

 インクは耐水/耐汚/速乾/定着性に優れた4色顔料インクを採用したほか、専用の大容量インクカートリッジによりインク交換1回あたりの印刷可能枚数を向上させた。また、上位モデルのPX-B500はさらに大容量のLサイズインクカートリッジ(4色)とLLサイズインクカートリッジ(ブラックのみ)も用意した。A4印刷時のランニングコストはPX-B500が約4.8円、PX-B300が約6.6円だ。

 接続インタフェースはともにUSB 2.0に対応するほか、PX-B500は10/100BASE-TX対応LANも装備。またPX-B500は両面印刷も標準サポートしている。


 LP-S300およびLP-S300Nは、A4判対応のモノクロレーザープリンタ。ともに両面印刷機能を標準装備、印刷スピードはA4片面時で28枚/分(両面時14枚/分)だ。

 給紙方式は通常の用紙カセットのほか、手差しに対応するMPトレイでの給紙も装備。標準給紙容量はMPトレイ50枚+用紙カセット250枚で、増設カセット(1段250枚)を2段増津することで最大800枚の大容量給紙をサポートできる。接続インタフェースはLP-S300がUSB 2.0とパラレル。LP-S300NがUSB 2.0と10/100BASE-TX対応LANとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.