ニュース
» 2008年04月24日 16時58分 UPDATE

2008年PC夏モデル:“プレミアムな黒”の2スピンドルモバイル――「Let'snote LIGHT CF-W7」

12.1インチ液晶を搭載する2スピンドルモバイルPC「Let'snote W」シリーズの2008年夏モデルは、マイレッツ倶楽部限定モデルを拡充し、ワイヤレスWANモデルを用意した。

[ITmedia]
og_w_001.jpg Let'snote LIGHT CF-W7

 店頭向けに販売される「Let'snote W」シリーズの2008年夏モデルは、同日発表された1スピンドルのTシリーズと同様に、HDD容量の増加やバッテリー駆動時間の延長が主な強化点だ。

 春モデルと同じく、Intel GM965 Expressベースのアーキテクチャを引き継ぎつつ、CPUにCore 2 Duo U7700(1.2GHz)を採用し、1Gバイト容量のメモリとDVDスーパーマルチドライブを搭載。その一方で、HDD容量を120Gバイトに増やし、バッテリー駆動時間を約11時間に延ばしている。本体重量は約1.249キロで、オプションの軽量バッテリーを装着すると、駆動時間は約5.5時間に短縮されるが、約1.13キロまで軽量化が可能だ。OSはWindows Vista Business(SP1)で、Windows XP Professional(SP2)のダウングレードDVDも付属する。

og_w_002.jpg CF-W7DXYAJP

 変わり映えしない店頭向けモデルに対して、Web直販限定のマイレッツ倶楽部モデルは見どころが多い。まず1つは、1.33GHzで駆動するCore 2 Duo U7700や、250GバイトのHDDを搭載するハイスペックモデルをベースに、ワイヤレスWANとBluetooth 2.0+EDRモジュールを内蔵した「CF-W7DXYAJP」を追加した点だ。ただし、通常のマイレッツ倶楽部モデルとは異なり、CF-W7DXYAJPでは天板カラーが選べないほか、SIMスロットの場所の関係から天板のデザインも通常と違うものになっている。また、バッテリー駆動時間は約9.5時間と30分ほど短くなり、重量も約120グラム増える。価格は28万3950円から。

 もう1つは、Let'snote LIGHT CF-R7の直販限定モデルとしてラインアップされていたプレミアムエディションがW7にも加わった点。こちらはマイレッツ倶楽部のハイスペックモデルをベースに、さらにHDD容量を320Gバイトに増やし、1GバイトのIntel Turbo Memoryも内蔵する。本体カラーは、標準のジェットブラック(つや消し)のほか、スパーリングブラック(光沢)、ミッドナイトブルーから選択できる。こちらの価格は30万7750円からとなっている。

og_w_003.jpgog_w_004.jpgog_w_005.jpg NTTドコモが提供するFOMAデータ通信専用の定額プランに対応したワイヤレスWANモデルは、SIMスロットが天板にあるためデザインが通常モデルとは異なり、“マイレッツ”ながら色もシルバーしか選べない(写真=左)。プレミアムエディションでは、標準カラーのジェットブラックのほか、光沢感のあるスパーリングブラック(写真=中央)や、ミッドナイトブルー(写真=右)を選択可能だ

Let'snote LIGHT CF-W7シリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
Let'snote LIGHT CF-W7 CF-W7DWJAJR 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo U7600(1.2GHz) 1024MB 120GB Business(SP1) 25万円前後
CF-W7DWJNJR 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo U7600(1.2GHz) 1024MB 120GB Business(SP1) 28万円前後
Let'snote LIGHTシリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU Office 2007 重量
Let'snote LIGHT CF-W7 CF-W7DWJAJR 12.1インチ 1024×768 Intel GM965 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.249キロ
CF-W7DWJNJR 12.1インチ 1024×768 Intel GM965 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 約1.249キロ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう