ニュース
» 2008年05月02日 13時34分 UPDATE

ドスパラ、Skulltrail採用のハイエンドデスクトップPC「Prime Galleria XS」

PCショップ「ドスパラ」を経営するサードウェーブは、クアッドコアCPU×2基を搭載するデスクトップPC「Prime Galleria XS」シリーズを発売した。

[ITmedia]
photo Prime Galleria XS

 PCショップ「ドスパラ」を経営するサードウェーブはこのほど、クアッドコアCPU×2基を搭載するデスクトップPC「Prime Galleria XS」シリーズの販売を開始した。BTOカスタマイズに対応、価格は最上位構成の「Ωタイプ」が133万9800円、スタンダード構成の「αタイプ」が33万9800円だ(双方税込み)。

 Prime Galleria XS Ωタイプ/αタイプは、それぞれCPUとしてCore 2 Extreme QX9775(3.2GHzを3.6GHzとして駆動)×2基/Xeon 5205(1.86GHz)×2基を搭載したデスクトップPCで、マザーボードにはIntel 5400チップセット搭載のE-ATXマザーボードを採用した。

 搭載メモリはFB-DIMM 2Gバイト〜4Gバイト。ドライブはΩタイプが64GバイトSSD、αタイプが160GバイトHDD。グラフィックスカードは、ΩタイプがGeForce 9800GX2×3基(2基のSLI+1基として動作)、αタイプがGeForce 9600 GT/512Mバイトを標準装備している。

 電源ユニットは、専用設計となる1260ワット(600ワット+660ワット)電源を装備。標準構成ではタワー型ケースとなっているほか、カスタマイズにより4Uラックマウント型筐体への変更なども可能となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう