ニュース
» 2008年06月11日 13時00分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2008:南港展示館と世界貿易中心を右往左往して見つけたパーツたち

COMPUTEX TAIPEI 2008があったのは、もはや先週のこと。WWDCやHPのイベントが始まってしまったが、Tapeiで見かけたPCパーツを紹介しておきたい。

[長浜和也,ITmedia]

 MSIのプライベートブースで数多く展示されていたのは、Atomベース(Diamondville)と次世代ノートPCプラットフォーム「Montevina」ベースのデスクトップPC向けマザーボードだ。Atomベースの「MS-9832」の電源供給はオプションでDCに対応、グラフィックスコアはGMA 950を利用し、独立する2系統の画像出力インタフェースを備える。Montevinaベースのマザーボードは「MS-9818」、「MS-9821」など複数展示されており、いずれもDirextX 10(Shader Model 4.0)への対応、VC-1、H.264のデコードアクセラレータサポートがアピールされていた。

 MSIは、AtomベースのスリムPCも展示していた。「MS-9A06」はAtom Z530(動作クロック1.6GHz)を採用し、メモリはDDR2 533を1Gバイト搭載する。光学ドライブは内蔵していないが、同じプラットフォームで光学ドライブを内蔵するボディも用意されている。TDPが2.3ワットのおかげで、このようなスリムボディでファンレスを実現しているという。

 VIAがCOMPUTEX TAIPEI 2008にあわせて発表したIsaiah(開発コード名)こと「Nano」に対応するマザーボードも展示されていた。チップセットはVIA VX800、MPEG-2/MPEG-4、VC-1のデコードアクセラレータに対応し、デュアルディスプレイへの出力をサポートする。

kn_tpietc_01.jpg MS-9832
kn_tpietc_02.jpg MS-9818
kn_tpietc_03.jpg MS-9821

kn_tpietc_04.jpg 光学ドライブを内蔵しないMS-9A06
kn_tpietc_05.jpg 光学ドライブを内蔵するMS-9A06
kn_tpietc_06.jpg VIAの新世代CPU「Nano」に対応するマザーボード

 ASRockは、2007年と同じくCOMPUTEX TAIPEI 2008でもプライベートブースを設けて製品展示を行った。「個性豊かな」ラインアップをこれまでも投入してきたASRockらしく、そのラインアップの多くでDDR3とDDR2のメモリスロットを用意し、インテルの新世代チップセット「Intel 4」シリーズを搭載する製品ではFSB2000MHzをサポート、Intel P45 Express搭載モデルで、2本のPCI Express x16スロットを実現するなど、今回もユニークなスペックを有するマザーボードを並べていた。

kn_tpietc_07.jpg Intel P45 Expressを搭載しながら2本のPCI Express x16スロットを用意する「P45R2000Booster-WiFi」
kn_tpietc_08.jpg Intel P45 Expressを搭載する「P45R2000」は、スイッチカードでPCI Expressのレーンを「1つのx16」「2つのx8」に切り替える
kn_tpietc_09.jpg ASRockブースでも、AMDの未発表チップセット「AMD 790GX」を搭載したマザーボード「ODE790GX-WiFi」が展示されていた

 2007年まで「PCパーツのメイン展示会場」だった「台北世界貿易中心」のHall 2では、「2008 WiMAX Expo. Taipei」 が行われ、WiMAX関連製品の展示が行われていた。通信事業者向けの製品展示が主流であったが、クライアントPC側の製品として、PCカード、USB、ExpressCard接続のWiMAX通信モジュールが数多く出品されていた。

kn_tpietc_10.jpgkn_tpietc_11.jpgkn_tpietc_12.jpg ASUSが展示していたUSB接続のWiMAXドングル「WUSB25E2V2」(写真左)のほか、PCカード接続(写真中)、ExpressCard接続(写真右)などの通信モジュールがそろっていた

 2008年からPCパーツのメイン会場となったのが、「南港展示館」(Taipei World Trade Center Nangang Exhibition Hall)の上層フロアだ。PCパーツ展示の主力は各ベンダーとも新世代、未発表のチップセットを搭載するマザーボードだったが、そのなかで、ライブデモとして目立っていたのが「オーバークロックイベント」だ。すでに紹介しているFoxconnの大々的なオーバークロックレースのほか、abitやMSIのブースで液体窒素を使ったオーバークロックが行われていた。

kn_tpietc_13.jpgkn_tpietc_14.jpgkn_tpietc_15.jpg abit(写真左)とMSI(写真中、右)で行われていたオーバークロックのデモ。abitはお願いするとそのたびにタンクから液体窒素を流し込んで作業を見せてくれた。MSIは、GPUの冷却も行うトータルのオーバークロックに挑んでいたのが印象的だった

 AMDブースで目を引いていたのが、COMPUTEX TAIPEI 2008のセッションで紹介された外付けのGPUユニット「ATI XGP Technology」(XGP=eXternal Graphics Platform)だ。PC側とは8レーンのPCI Expressで接続し、画像出力は3系統までサポートされる。AMDは、GPUはMXMで実装されているため、アップグレードなどはベンダーによって簡単に行えると説明している。

kn_tpietc_16.jpgkn_tpietc_17.jpgkn_tpietc_18.jpg AMDが展示していたATI XGP Technologyは、PC側のGPU性能が低い場合に、PCI Express接続のGPUを外付けすることで、3D性能も強化できる。同じコンセプトの製品をASUSも用意しているが、「われわれは8レーンのPCI Expressを使える」(AMD)

kn_tpietc_19.jpgkn_tpietc_20.jpgkn_tpietc_21.jpg Shuttleのブースでは、Intel G45 Expressを搭載する予定のマザーボード「FG45」(写真左)や、Atomに対応する「FM30」(写真中)、「FM25」(写真右)が紹介されていた

kn_tpietc_22.jpgkn_tpietc_23.jpgkn_tpietc_24.jpg Shuttleということで、当然ながらAtomを搭載するキューブPCの「kpc K58」(写真左、勘違いしそうだがチップセットはIntel 945GC)、「X27」(写真中)も登場していた。また、ユニークなベアボーンとしてはタッチパネルのインタフェースを搭載するサンプル(写真右)も登場した

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう