ニュース
» 2008年06月20日 15時07分 UPDATE

AMD、新世代GPU「Radeon HD 4850」を発表

AMDは6月19日にRadeon HD 4850を発表した。このGPUを搭載するグラフィックスカードの出荷は6月20日から始まっている。

[長浜和也,ITmedia]

 Radeon HD 4850は、すでにこちらの記事で紹介している、AMDの新しい設計思想を取り入れた新世代のGPUラインアップとなる。開発コード名は「RV770」と呼ばれていた。55ナノメートルプロセスルールを採用し、内蔵する統合型シェーダユニットは800個と従来モデルのRadeon HD 3800シリーズの320個から2.5倍となっている。Radeon HD 3800シリーズと同様に、DircetX 10.1に対応する。

 コアクロックとシェーダユニットクロックはともに625MHz、メモリクロックは1GHz(DDRのデータ転送レートで2Gbps相当)となる。Radeon HD 4850がサポートするグラフィックスメモリはGDDR3まで。電力管理機能としてPowerPlayを実装する。

 UVD(Universal Video Decoder)も改良された「UVD2」に変更された。UVD2では、VC-1、H.264、MPEG-2などのBlu-ray Discで採用されている動画のハードウェアデコードアクセラレーションに対応するだけでなく、Primary、Secondaryという2系統のビットストリームを入力して一緒にデコードし、Primary動画の再生画面の中に、Secondary動画を表示するピクチャーインピクチャー機能を実現している。

Radeon HD 4850
プロセスルール 55ナノメートル
統合シェーダユニット 800
テクスチャユニット 40
レンダリングバックエンド 16
コアクロック 625MHz
シェーダクロック 625MHz
メモリクロック 2.0Gbps
対応バス PCI Express 2.0
DirextX 10.1
テッセレーションユニット 実装
UVD2 実装
Powerplay 実装

 こちらで紹介しているように、すでにベンダーから製品が発表されているが、実売価格は2万5000円弱となっている(一部ベンダーはRadeon HD 4850とは別の未発表GPU「Radeon HD 4870」を搭載した製品もリリースしている。こちらの実売価格は3万5000円前後)。

kn_r485_01.jpg Radeon HD 4850の仕様の一部。最大消費電力は110ワット、グラフィックスメモリの容量は512Mバイトになる。
kn_r485_02.jpg AMDが示した1920×1200ドット、4xAA、8xAnisoにおけるゲームベンチマークテストの結果。200ドル以下クラスのGeForce 8800 GT/同 GTSと比較してる

関連キーワード

GPU | Radeon | NVIDIA | GeForce | AMD | ATI | 次世代 | グラフィックスカード | H.264 | MPEG


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.