ニュース
» 2008年07月09日 11時00分 UPDATE

HP Imprintを採用:全モデルでクアッドコアCPUを搭載した「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT」が登場

国内ベンダー製PCで久しく途絶えていた、ミドルタワー型PCが日本HPから登場する。発売は7月22日の予定だ。

[ITmedia]

拡張性を重視したフラッグシップデスクトップPC

ht_0807hd01.jpg ピアノブラック調の光沢ボディに包まれた「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT」

 7月9日、日本ヒューレット・パッカード(HP)は個人向けデスクトップPC「HP Pavilion Desktop PC」シリーズに、新モデル「HP Pavilion Desktop PC m9380jp/CT」(以下、m9380jp/CT)を追加した。発売は7月22日の予定で、同社直販チャネル「HP Directplus」でのBTOに対応しており、26万種類以上のカスタマイズに対応するという。

 m9380jp/CTは、ミドルタワー型ケースを採用した豊富な拡張性を備えたデスクトップPCで、HP Pavilion Desktop PCシリーズの最上位に位置付けられるモデルだ。全モデルでCPUにCore 2 Quad、GPUにNVIDIA GeForce 9000番台を搭載するなど、パフォーマンスを重視したBTOメニューも見どころだ。

 マザーボードはmicroATXフォームファクタだが、高い拡張性を備えたミドルタワーケース(電源ユニットの容量は460ワット)を用いることで、最大3.25TバイトのHDDを内蔵できる。具体的には、2基のHDDベイ(RAID 0か1の構成も可能)と前面右下に用意された「パーソナル・メディア・ドライブベイ」に最大1TバイトのHDDを搭載でき、前面中央部の「ポケット・メディア・ドライブベイ」に最大250GバイトのHDD(2.5インチタイプ)を搭載することで実現する。

 5インチベイは2基用意され、DVDスーパーマルチドライブや2層書き込みに対応したBlu-ray Discドライブを選択可能だ。8月にはピクセラ製のダブル地上デジタルチューナーがBTOメニューに追加される予定で、最大400時間の地上デジタル放送を録画できるという。細かいところでは、前面中央部分にHP Imprintを施し、ZEN-design「砂紋(samon)」のデザインパターンをアクセントとして配置しているのも見逃せない。

 なお、拡張スロットはPCI Express x16が1基、PCI Express x1が2基、PCIが1基で、BTOで選べるグラフィックスカードは、GeForce 9800 GT(グラフィックスメモリはGDDR3 1Gバイト)/GeForce 9600 GS(グラフィックスメモリはGDDR2 768Mバイト)/GeForce 9500 GS(グラフィックスメモリはGDDR2 512Mバイト)となっている。

 価格は、CPUにCore 2 Quad Q6600(2.4GHz)、メモリは1Gバイト、HDDは160Gバイト(7200rpm)、GPUがGeForce 9500 GS、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、OSにWindows Vista Home Premium(SP1)という最小構成時で7万9800円(HP Directplus価格)、CPUにCore 2 Quad Q9450(2.66GHz)、メモリは4Gバイト、HDDは500Gバイト(7200rpm)、GPUがGeForce 9800 GT、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、OSにWindows Vista Home Premium(SP1)を備えた「Final Fantasy XI推奨認定モデル」ならば12万9990円(HP Directplus価格)だ。

ht_0807hd02.jpght_0807hd03.jpg 2基の5インチベイを備え、中央部分には、キズに強く光沢感あふれるHP Imprintを採用している(写真=左)。下部にあるカバーを開けると、拡張コネクタや別売の3.5インチHDDユニットを収納できるパーソナル・メディア・ドライブベイが現れる(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.