ニュース
» 2008年07月16日 13時00分 UPDATE

2008年PC夏モデル:Centrino 2搭載の新デザインノートがめじろ押し――ソニー「VAIO」真夏モデル (1/2)

ソニーはCentrino 2の発表に合わせて、VAIOの新作を投入した。“SSD RAID”採用のハイエンドモバイル機など、登場した4タイプすべてが新デザインだ。

[ITmedia]

VAIO新モデルの特徴

ラインアップ

ハードウェア

  • type F(FW)ZSBZがCentrino 2に対応
  • type F(FW)ZSBZにシリンダーフォルムを採用
  • type F(FW)ZSにアイソレーションキーボードを採用
  • type F(FW)の最上位モデルに地デジダブルチューナーを搭載
  • type F(FW)Zにアスペクト比16:9の液晶ディスプレイを装備
  • type Zにクリアソリッド液晶を採用
  • type Zの直販モデルでSSD×2のRAID 0構成が選択可能
  • type Sに独自ソフトと組み合わせたワンタッチボタン「Switch」を採用

ソフトウェア

  • 店頭向けモデルはWindows Vista Home Premium(SP1)をプリインストール
  • VAIOプレゼンテーションサポートソフトを用意


VAIO夏モデルの第4弾は内も外も一新したノートが勢ぞろい

tm_0807vaio01.jpg 「VAIO type Z」

 ソニーは7月16日、VAIOノートの新モデルを発表した。新製品のラインアップは大画面ワイドノートの「VAIO type F(FWシリーズ)」、ハイエンドモバイルの「VAIO type Z」、エントリー向けモバイルの「VAIO type S」、ビジネス用ノートの「VAIO type BZ」の4タイプだ。このうち、type Ztype BZが新登場のVAIOで、type F(FW)type Sは従来機からフルモデルチェンジした。

 これらはいずれもインテルが7月16日に発表したノートPC向けの新プラットフォーム「Centrino 2」(開発コード名:Montevina)に対応し、FSB 1066MHzに対応した45ナノ世代のCore 2 DuoとIntel PM45/GM45チップセット、IEEE802.11nドラフト準拠の無線LANモジュールを装備することで、基本スペックを強化している。

 発売日はtype F(FW)SBZが7月19日、type Zが8月9日の予定。type F(FW)ZSは店頭販売向けモデルと同社直販のVAIOオーナーメードモデルの両方を、type BZはVAIOオーナーメードモデルのみを用意する。

tm_0807vaio02.jpgtm_0807vaio03.jpgtm_0807vaio04.jpg 左から「VAIO type F(FW)」「VAIO type S」「VAIO type BZ」

 ちなみにVAIOの2008年夏モデルは、4月15日の「VAIO type N」および「VAIO type C」の発表を皮切りに、5月7日にはLiblog Station「HS1」やCanvas Online「CP1」といった「Extension Line by VAIO」に加えて、「VAIO type G」「VAIO type T」「VAIO type L」「VAIO type R master」を一挙に投入、6月25日には「TP1」がモデルチェンジしており、今回の発表が第4弾となる。

次の10年に向けてV・A・I・Oを再定義

 ソニーは1年前の2007年7月、日本国内におけるVAIO発売10周年を記念し、Anniversaryロゴや記念モデルの「VAIO type T」を用意した。11周年を迎えた今回の新ラインアップでは次の10年を視野に入れ、VAIOブランドによって“持ち主の気持ちをくみ取ることができる”、“「人となり」を表現できる”、“感動をもたらす存在となる”といった付加価値と体験を提供することを目指し、「感じるコンピューター」をキーワードにプロモーション展開を行う。

 そのための施策としては、11年継承してきたVAIOの定義「Video Audio Integrated Operation」を今回から「Visual Audio Intelligent Organizer」に改める。Video AudioをVisual Audioに変更したのには、動画のみならず静止画も含めて、ソニーの持つ映像と音楽の技術を結集・進化させるという意味を込めた。また、IntelligentはPCアーキテクチャだからこそできる新しい価値観の追加、Organizerは使い勝手、デザイン、先進性の有機的な統合を示すとした。

tm_0807vaio05.jpg type F(FW)やTP1が採用するテレビ録画ソフト「Giga Pocket Digital」

 Intelligentの例では、ソニーの技術を盛り込んだVAIO付属のアプリケーション群である「VAIO Movie Story」「Click to Disc/Click to Disc Editor」「VAIO Music Box」「Giga Pocket Digital」が他社製品にない特徴として挙げられるという。

 Organizerの具現化としては、VAIOのデザインでこだわり続けている「機能美」を表現するものとして、4タイプすべてに「シリンダーフォルム」、type BZを除く3タイプに「アイソレーションキーボード」を採用した。この2つのデザインはすでにtype Tに導入されているが、今回はこれをさらに幅広いモデルに適用したことになる。

 シリンダーフォルムとは、キーボードと液晶ディスプレイをつなぐ本体の中心部分となるヒンジに、バッテリーと電源ボタン、ACアダプタ端子といった機能を内包し、本体の薄型化と個性的な外観を両立したデザインだ。アイソレーションキーボードは、キーとキーの間隔を離したデザインのキーボードを格子状の本体カバーにはめ込んだもので、キーとキーの間隔が離れていることから、タイプミスが少ない、女性の長いツメでも引っかかりにくい、たわみが少ない、ゴミやほこりがたまりにくいなどのメリットをうたう。

tm_0807vaio06.jpgtm_0807vaio07.jpgtm_0807vaio08.jpg 液晶ディスプレイのヒンジ部に、バッテリー、電源ボタン、ACアダプタ接続端子といった電源関連の機能を集約させたシリンダーフォルム(写真=左)。アイソレーションキーボードは、指がキーにフィットするように各キーの中央をなだらかにくぼませた形状になっている(写真=中央、右)。写真はいずれもtype Zだ

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.