ニュース
» 2008年08月05日 20時30分 UPDATE

日本でも“個人向け市場参入”の予感:レノボ、「IdeaPad S10」を発表──日本市場への投入は「検討中」

レノボは、8月4日にコンシューマー市場向けのNetbookとして、IdeaPadの新製品「IdeaPad S10」を発表した。出荷開始は10月からで価格は399ドルの予定。

[ITmedia]
kn_idpd_01.jpg Netbookとして登場する予定の「IdeaPad S10」

 IdeaPad S10は、レノボがコンシューマー市場向けに初めて投入するNetbookで、ボディカラーは「Classic White」と「Bold Black」、そして「Ruby Red」が用意される。キーボードサイズは「フルファンクションキーボードの85%」と説明されているほか、搭載する液晶ディスプレイのサイズは10.2インチで、バックライトにはLEDを採用する。

 インタフェースとしては、Wi-Fi、ExpressCardスロット、Webカメラ、2つのUSB、4 in 1マルチカードリーダが用意されるほか、OSにはWindows XPを導入する。

 CPUはAtom(具体的な型番は不明)を搭載し、メモリ容量は512Mバイト(最大1Gバイト)、HDDは80Gバイト(最大160Gバイト)となる予定。出荷開始は2008年の10月で、最小構成価格は399ドルと予告されている。

 レノボ・ジャパンによると、IdeaPad S10の日本への出荷は現在検討中で、仮に、日本市場に投入する場合はIdeaPadのコンセプトから、ビジネス市場ではなくコンシューマー市場向けのラインアップとして扱うことになると、コメントしている。

kn_idpd_02.jpg IdeaPad S10は3色のカラーバリエーションが用意される予定。これは、Ruby Redモデル
kn_idpd_03.jpg 詳細なスペックは明らかになっていないが、写真には左側面のインタフェースとしてアナログRGBも確認できる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.