ニュース
» 2008年08月06日 14時37分 UPDATE

CFD販売、Jetway/DFI製のAMD 790GX搭載マザーボードを発売

CFD販売は、Jetway製のAMD 790GX搭載マザーボード2製品「HA07-ULTRA」「HA-07」およびDFI製モデル1製品「LP JR 790GX-M2RS」の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo HA07-ULTRA/HA-07

 CFD販売は8月6日、Jetway製となるAMD 790GX搭載マザーボード2製品「HA07-ULTRA」「HA-07」およびDFI製モデル1製品「LP JR 790GX-M2RS」の取り扱いを発表した。販売開始予定日はHA07-ULTRAが9月上旬、HA07が8月下旬、LP JR 790GX-M2RSが9月予定としている。価格はオープン、予想実売価格はHA07-ULTRAが1万5800円、HA-07が1万3800円、LP JR 790GX-M2RSが1万9800円(いずれも税込み)。

photo LP JR 790GX-M2RS

 HA07-ULTRAおよびHA-07は、ともにチップセットとしてAMD 790GX+SB750を採用したSocket AM2+対応のATXマザーボードで、メモリスロットはDDR2×4本を装備、最大8Gバイトを搭載可能。オンボードグラフィックス機能としてRadeon HD 3300を装備、LFB(Local Frame Buffer)はHA07-ULTRAがDDR3 128Mバイト、HA-07がDDR2 128Mバイトとなっている。拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Express x1×2、PCI×2(CrossFireX/Hybrid Graphicsに対応)。ディスプレイ出力はアナログD-Sub/DVI/HDMIを装備している。

 LP JR 790GX-M2RSは、AMD 790GX+SB750採用のSocket AM2+対応microATXマザーボードで、オンボード出力はDVI/HDMIの2系統を備えた。メモリスロットはDDR2×4本を装備、拡張スロットはPCI Express x16×2、PCI Experss x1×1、PCI×1を利用可能だ(CrossFireX/Hybrid Graphics対応)。

関連キーワード

マザーボード | AMD | CrossFire | DVI | HDMI | Radeon


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.