ニュース
» 2008年08月06日 18時18分 UPDATE

HP Total Care第2弾:日本HPが紛失PCのデータを遠隔削除できる新サービスを提供

日本HPは、2007年10月に発表した「HP Total Care」の拡充策として、3つの新サービスを追加する。

[田中宏昌,ITmedia]

新たにサービスを拡充

ht_0808hp01.jpg HP Total Careの概要

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は、同社の法人向けサポート&サービス体系「HP Total Care」に3つの新サービスを追加した。提供は8月7日から順次行われる。

 2007年10月に開始されたHP Total Careでは、まず第1弾として「データリカバリーサービス」と「HDD返却不要サービス」がスタートしており、今回はその第2弾として「Eメールフィルタ」と「PCトレーシング」、トータル付加価値サービス「プライオリティアカウントサービス」の3つが追加された。

 発表会では、日本HP パーソナルシステムズ事業統括 デスクトップビジネス本部 サービスビジネス スペシャリスト 中宏樹氏が各サービスの概要を説明した。

 冒頭、「現状のEメールにおいて、迷惑メールは全体の80%に及ぶ」とし、「従来のEメールセキュリティはアプライアンスサーバや24時間のサポートが必須であり、同時にパターンファイルの更新など最新の技術/情報を保持しなければならなかった。加えて、増大するスパムに対応すべくハードウェアの増強や維持も必要だった」と述べた。それに対し、シマンテックとの協業によるホスティングサービスの「Eメールフィルタ」では、「Symantec Brightmail AntiSpam」と「Symantec AntiVirus」を利用することで、高度なEメールフィルタリングを実現するほか、メールサーバがダウンしても最大5日間までメールを保存して再送信する自動スプール機能、ユーザーまたはグループ単位でのメールポリシー設定サービスなどが提供される。

 中氏は「1ユーザーあたり1年間3150円と安価で済み、1年単位での契約となるため予算計上も容易に行える。ハードウェアの追加投資やソフトウェアのインストール、継続的なメンテナンスなどが必要なく、さまざまなサービスを付加できるのがポイントだ」とした。

ht_0808hp02.jpght_0808hp03.jpght_0808hp04.jpg 現状の全Eメールのうち、約80%は迷惑メールだという(写真=左)。Eメールフィルタの概要(写真=中央)とサービス内容(写真=右)

ht_0808hp05.jpght_0808hp06.jpg Eメールフィルタの対象ユーザーとシステム(写真=左)、価格(写真=右)。他社製PCもサービス対象になる

 「PCトレーシング」は、PCの盗難や紛失発生後にデータ流出のリスクを低減するソフトウェアによる対策サービス。シルバーとゴールドの2種類が用意され、どちらもあらかじめソフトウェアをPCに導入しておくことで、盗難や紛失にあった対象PCがインターネットに接続されると特定のアルゴリズムを使って位置情報をメールで発信してくれる。メールにはIPアドレスやホスト名といったユーザー情報が含まれており、そこから所在を把握できるという。さらにゴールドでは、ユーザーからデータの削除命令を送ることで、対象PC内にある情報の流出を防ぐことが可能になる。

 3つ目の「プライオリティアカウントサービス」は、「HP Care Pack」の上位に位置するトータル付加価値サービスで、シルバーとゴールドの2種類がラインアップされる。専用のコール窓口設置、ハードウェアの優先修理対応、障害管理の選任担当者の設置、技術情報の提供などが行われる。

ht_0808hp07.jpght_0808hp08.jpght_0808hp09.jpg PCトレーシングのイメージ(写真=左)。特定のハードウェアを必要とせずに匿名で追跡情報を把握できる。追跡メールのサンプル(写真=中央)と削除命令のサンプル(写真=右)

ht_0808hp10.jpght_0808hp11.jpght_0808hp12.jpg PCトレーシングのサービス概要(写真=左)。サービス対象製品(写真=中央)と価格(写真=右)

ht_0808hp13.jpght_0808hp14.jpght_0808hp15.jpg プライオリティアカウントサービスの内容(写真=左)と購入条件(写真=中央)、価格(写真=右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう